直線上に配置


2007/04/22開催

TKK様のお計らいにより、初代ジュノオに観て、触って、乗って
という感激な一日を体験出来ました
まず絶対普段有り得ない貴重な体験でした
TKK様ありがとう!!

この日は、m85-63と私の二人での参加です
m85-63様・楽しい一日でしたね!!

TKK様所有のジュノオはKA型です
昭和29年1月(昭和30年生産中止)のバイクですが
此処まで状態がよいのも、奇跡です
さすがにフロントスクリーンは全滅ですが・・
m85-63様はおろか私管理人でさえ、まだこの世に生まれていない時代です
良く作りましたなぁー!!

このバイクに関する資料も中々無いのですが
ホンダの資料にスペックが載っていましたので
こちら と こちら を参考にしてくださいね
此処 にも有りますが・・・

このコーナーも写真が多いのですが、貴重なK型です
皆様、楽しんで見てくださいね
途中の文面で、
動画コーナーへ案内する
リンクボタンがありますので、探してくださいませ・・汗!!
動画は2本UPしてます・・リンクボタンも2箇所です
動画は全て、デジカメで撮ったものですので
時間は短いですが、ご了承下さい
この日は私と、m85-63様の二人で伺うということで
わざわざ、遠い某所にありますガレージより
都内某所まで、車載で運んでくださいました
TKK様・・感謝!!
ジュノオKの写真ってフロント側からの
写真ばかりなのですが
リヤ側は私、初めて見ました

中々カッコイイ!!

昔のアメ車な感覚??

ボディ外装は全て当時としては
先進のFRP製です
しかし、鉄板製より重いのだそうですが・・・
ジュノオ3台・・貴重??
同じジュノオでも、両者全く違います
ジュノオM85と言う名前は無理して??
ジュノオとすることが無かったのでは??・・・
と、思いますが・・・

個人的に!!
我がジュノオと初代ジュノオKA

後方はm85-63様のジュノオM85
のフロントカウル
因みに、フロントウィンカー&リヤウィンカーはW球です

・・と言う事は、何と!!ポジションランプも
付いていることになります

電装に関しては6Vという以外
もしかして、現代のバイクより豪華かも!!
ぶっ・・・ぶっといタイヤです

現在では入手が難しい5.00-9サイズです
斜め右後方からのスナップです

フロント側に取り外し式のキックスターター用の
ハンドルレバーが付いてます

普段は、セルモーター始動です

しかし、バッテリーが有ればの話です
6Vバッテリーなので、充電管理が大変そう!!
かっこいい!!

写真だけで見ますと、巨大に見えますが
実際目の当りにしますと
以外に、コンパクトな印象

見ただけでは、170kg有るとは思えんが・・
豪華絢爛なハンドル廻り!!
フロントの左右に小物入れのBOXがあります
ハンドル下にありますメーターパネル
左より・・スピードメーター
電流計・そして複雑なキースイッチ

このキースイッチですが、何と!!6段階も切り替えが有ります
充電容量の切り替えで3段
キー側の切り替えで3段

すごい複雑??

取り扱い説明書によりますと、オプションで
何と!!・・・ラジオも装備できたそうです
すごいですなぁー・・

当時のラジオは真空菅式のはずだが・・
本当に付くのか??
フロントカウル下のダクトです

スリットがあるだけの飾りではありません!!
本当に、ダクトになってまして、レバーひとつで
前からの風を運転席側に来るようになってます

現代のバイクより凄くない??
ワンタッチで船オープン

ガソリンタンクと巨大な冷却用の
ダクトが先に目に入ります

此処で動画第一弾です
此処をクリックしてね
この丸い煙突は、エアークリーナーへの
空気導入口です
我がヒラノポップと同じアマルのキャブレターですね
しかし、凄い巨大な船だ事!!

こいつもFRP製です
りやスィングアームです

しかも、後輪は片持ち式ですよ!!
これでもかっ!!・・・て位
補強リブの入ったアルミスィングアーム

サスペンションは、ダンパーとスプリングの独立タイプ
さらに、ゴムダンパーまで、装備!!

凄い・・としか言いようがありません
エンジンです

4Eエンジンだそうです

現代では全く採用されていないサイドバルブ式です
ダンパーユニットです

伝統の??カヤバ製のようです
右後方の様子
タンデムステップですが
鋳物で出来ています

しかも、折りたたみ式ですよ!!
只今エンジン始動準備中??
フロントサスペンション部分です

重量感のある造りです

実際重そう!!
フロントカウルの手の込んだ造り
ダクトのスリットがすばらしい!!

転倒の際にも安心な??
パイプガード付です
フロント廻りの左側ですね
今では全く??使われなくなった6V大型バッテリーです

充電管理をきちんとしませんと
セルモーターでの始動は困難です

実際、当日は押し掛けでしたもの!!
エンジン冷却用のダクトです

当初排気量は189ccでったのが
220ccまで拡大

その結果、オーバーヒート対策のために追加されたようです

此処で動画第二弾です
此処をクリックしてね
リヤタイヤ廻りですね

しっかり片持式になってます
このバイクの象徴ともいえる
ジュノオのマークです

ホントそのまんまですね
すばらしい!!

我がジュノオに付けようかな??

思って、TKK様に下さいって言ったら
駄目だって!!
二人掛りでようやくエンジン始動!!
ちょっと、乗って見るか

TKK様・・・正に様になってますよー
TKK様
どんな、乗り心地ですか??
時が経つのも忘れて
すっかり、ジュノオ三昧
m85-63様のこの満面な笑顔!!
すっごーく嬉しそうですよ

顔にぼかしいれてあるのが残念ですが・・

顔を公開しても良いとは言われてませんので
一応マスクしておきました
私、管理人も心なしか
にやけてますが・・・
最後に、タンデムで!!

ハイ!!・・・ポーズ
・・

いゃー満足・満足!!
貴重なジュノオKに触れて、乗った楽しい一日でした
TKK様ありがとうございました
m85-63様お疲れ様でした

TKK様=是非頑張って、公道へ復帰させて下さいね
お手伝いできる事がありましたら
すっ飛んで行きますので、よろしくです

公道復帰しました際には、ジュノオM85と共に走りましょう





直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー