直線上に配置



*FILE No.5 ■ 一体どうなってるの??・・その(1) ■ 何がなんだか判らん!!??編


前回、シリンダーにクラックが有るまま
強引な??エンジン始動を試みまして
無事に始動しました・・・(*^m^*)

・・で、安心したのか、以降気が抜けて・・・(;-_-R;)
更新が・・延び延びになってしまったぁー(;-_-R;)
・・・・
・・・
・・
とりあえず・・・エンジン周りについては粗方の目処が
付きそうな感じ??
・・なので、これは一旦置いといてヽ(^_^;))((^!^;)ノ

・・・って事で、いまだ手付かずの車体廻りの
作業に取り掛かりますかのぅ・・・・じじぃか??


とりあえず、フロント廻りから分解すっかなぁー
・・
ハンドル固定しているホルダーを外しますと
シャフトが見えてくるのですが
ハンドルに遊びが多いのは
こいつのせいです

2本のボルトがシャフトの両側を
通って、シャフトを挟んでるのですが
この隙間が大過ぎ!!
長い時間をかけて、じっくりと
隙間が広がったようでございます

道理で、遊びが多いわけだ!!
・・

しかし、どうやって直そうかなぁー
以外にめんどくさいなぁー
・・
今のところ、対
策案無し(_ _,)/~~
お次は、ライトを外して見ました

あららぁー・・・

配線の結線は、全て外されております
・・
その一方で、ハーネスの端子に
目印のタグが付いてました

しかし、意味不明の文字です
当方が外したわけでは無いので
全然判りません

やれやれ・・怒(-_-メ)
外してある結線のハーネスは
ご丁寧に、ライトケースに
収納してありましたです・・・・

又しても
やれやれ・・怒(-_-メ)
続きまして、取り外したるは
スピードメーターです

このメーターですが
夜間は、真っ暗で何も見えません
なんたって
夜間照明のバルブは有りませんもの

のどかですかなぁー
続きまして、キースゥイッチを外しましたです

C200と同じ2段キーのようです

停止・接続・点灯
の文字が、古さを感じさせますねぇー

レトロですなぁー
このキースゥイッチですが
裏側はこんな感じになっておりますが
結線が全て外されている関係上
何処をどう繋ぐんだぁー??

全然判りません
どなぃしましょう??

マニュアルなんて有りませんから
先が思いやられますなぁー
見事に??フロント廻りがなくなりまして
すっきり、サワヤカ??

有るのは、外されたハーネスに
付いていた、ぼろぼろのタグのみ

しかし、これらのワイヤーハーネスは
硬化・断線などで、とっても使えませんが!!

メインハーネスは作らないといけませんなぁー
ハァー・・o(__)o〜†

もっとも、このメインハーネスは単純すぎて
ハーネスというよりは、只の線ですが・・
しかも、何か??足りませんが・・
何が足りないのか、当の本人も判りませんし・・
外されました、フロント廻りの部品です

フロントのホーンを除いて他は
全て鋳物で出来てます
このpopのエンブレムも
ずっしりと重いですし、嬉しいことに
めっきの状態も何故か非常に良い状態です

ホーンは一応、ブー・・っと言って
鳴きなした

私は、嬉しさの余り、泣きました??
いよいよ、フロントステムの分解です

こちらは、何と言うこともなく
ジュノオと、同じような造りですなぁー

しかし、驚いたのは
ステムの下側にありますボールが
何故か??大きさが不揃いなんですぅー

写真見て判るかと思うんですが
何故ですかねぇー
3種類位のサイズが混じって入ってるんですょー
不思議ですねぇー
・・・
50年前とは言え、これで良いのか??
ヒラノさんよ!!
今は、無きメーカーに文句言っても
何も返って来ませんので・・・

作業・・・続行

ようやくフロントが外れました、お姿です
フロントフェンダーを固定しているボルトは
ジュノオの時と同じく
全て、固着してまして
緩みませんので

ボルト頭を全てサンダーで飛ばして
外します
フロントショック廻りの構成は
ジュノオと同じようですが
ショックは、完全に??
駄目なようですなぁー

何故かって??

それは、ショックが縮んだときに
縮む・・・と言うよりはへの字
折れる・・と言った方が判りやすいかな??

確かに、縮むんですが、同時に
への字に折れるんですよぉー

しかし、これ、どうすんだぁぁあぁぁー!!

まさに、ショック!!です
頭が、痛い現象が、次々と・・・
まだ、何か有るのか??
期待??

こいつは、取り外したフロントタイヤです
・・・・
青カビが・・・・錆が・・・(~Q~;)

しかも、フロントブレーキなんて
付いてません

現代で乗るには、正に命掛け??
こいつもどうにかしたい物だ!!
そして、通常のバイクのように
アクスルシャフトが抜けない
構造のようです

このアクスルシャフトを抜くには
ベアリングごと抜かねばなりません

あぁー面倒だっちゃー!!
仕方なく、アクスルシャフトを抜いた
その後の姿ですが・・・

当然、ベアリング&シール交換必至ですなぁー
更に続きまして、リヤホイールに参ります

この頃には、もう神経が麻痺して??
青カビ+錆+汚れには
全く動じることが無くなりました私ですが
進歩したのか??神経衰弱したのか??
疑問な??所ですな!!
リヤブレーキロッドですが、思いっきりさびて
調整ねじが廻りません

どうやって外そうかなぁー
お次は、外しました、
リヤタイヤのブレーキシューですが・・・

これって、使えるのか??
このブレーキシューですが
接着とリベット固定の併用のようですね

これは、どうしましょうねぇー
更に、続いて
リヤスプロケットですが
チェーンは、EK420タイプのようです

とりあえず、合うサイズが見つかるまでは
こいつをこのまま使いますか??

合うサイズって・・・有るのか??
分解しましたら、とりあえず
スクレーパーで、お掃除

こいつが、面倒ですが・・・
ずーっと続いて
中々、外れないリヤスィングアームです

思いっきり、固着してたので
CRCぶっ掛け付け置きのために
外すのに、2週間掛かりましたです

一時は外すの諦めた位ですが・・・

後述しますが、固着のために一箇所だけ
どうやっても
フレームから外れないパーツがあります

それはメインスタンドです
スタンドを支えてるシャフトが
段つき磨耗&曲がってると言うのも有るが
錆のために、外れません
・・
こいつは、外すの諦めました・・(_ _,)/~~
なんだ、かんでんで
外しました、リヤスイングアームです
しかし、このリヤショックも
独特な形をしてますなぁー

こいつは、再使用の予定有りません

代替品を探すのに苦労しそうです
果たして、有るのかなぁー??
りやスイングアームと
リヤショックを固定しているボルトですが
写真のように、見事!!な段つき磨耗です

すばらしい!!減り具合で、感心します??
フレーム下に埋もれて??
今まで、一度も登場しなかったマフラーの
初登場です

パチパチ!!・・(*^m^*)

見事な、錆具合ですが
ジュノオのように、穴が開いている訳では
無さそうなので、再使用可能のようです
・・・
しかしながら、エキパイのジャバラは
新たに、作り直ししなきゃならんようですなぁー
マフラーを固定している、ステーも
遠い昔に脱落して、すでに無い模様です
しかも、4箇所3箇所の内
2箇所も脱落してましたよ

こいつも、作らなきゃ!!

やはり、そうはうまいこと、すんなりと
事は運ばないようで・・・汗!!
とりあえず、ここでも
スクレーパーで錆&汚れ落としっ・・・

どうもこのマフラーは、分割できる
タイプのようです

分割出来るとすれば、内部の
カーボンを綺麗に、落とせる予感!!
実際には、カーボンを焼くんですがね・・
2サイクルですから、マフラー詰まると
良いことが有りませんので
分解できたら、ラッキーだな・・うん

果たして、分解できるのかしら??
このマフラーですが、中々分解できません
でしたが、何とか写真のように分解(粉砕か?)
しましたです
・・で、バーナーでもって
マフラーを焼きます

これで、マフラーの詰まりとは
おさらば!!

もっとも、以外に、状態が良くて
詰まりなどは無かったですがね
ホッ・・・・汗!!
・・
とりあえず今回は此処まで・・汗!!

いやー、久々の更新で
中々、作業も進みませんが・・・m(。-_-。)m

以降も懲りずに??順次UPする予定です
・・・
お楽しみに??・・・・

一体どうなってるの??・・その(2)

・・・へ続くのだ!!







直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー