直線上に配置
バナー
2009/07/26 再編集版

* 怒涛の解体作業・・その14 *



とりあえず問題箇所が、どんどん増えていくのは
勘弁・・・・っといても
そんなことはお構いなしに迫る、ヨンさまじゃ無くジュノオ様
ようやく尻尾(スイングアーム)が取れました姿でございます
見る人が見たら何だこれは?・・・っという感じ
です?



・・でエンジンのリヤヒップアップでございます。・・・・恥ずかしい・・・と申しておりますが・・
・・んな訳ないか・・
しかし相も変わらず汚いですね・・・・こうして見ますと
何とかならんのかね・・・君
はい・・何とか綺麗にはしたいと・・



リヤ廻りの上空写真でございます。
道路が見えますね??
あっ・・違った
・・冗談はともかくジェネレーター兼スターターモーター
でございます。


このエンジンですが40年前にして、すでにセルモーター始動のみなんですよ!!
キックスターターなんか無いんですよ!!すごいでしょう<(`^´)>エッヘン
すでにこの時点で先進的過ぎた感が・・

でもバッテリー上がりの時どうするの?
ギヤー式クラッチなら押し掛けできるが・・・・

ハテ?

それはですね、その時には素手で回します。エンジンを・・
上の写真の右横に黒いレバーというか
黒いノブがありますが、これを発電機のごとく紐を引っ張るんですよ!!
ほんとにその紐で掛かるんかいな??
・・・ってな作りになってございます。


独創的でございますねー
さすがホンダ

自分は未だかってバイクの始動に
発電機のごとく紐で引っ張って始動するのって
初体験でございます。

ここで余談ですが過去にBMWを3台所有してました時期が在りまして・・(もちろん一台ずつですが)
だから分かるのですが、横踏み式キックでも付ければ、ねぇ・・と思った
しだいでございますが・・(お金がありましたらほしいです・・・旧式のRシリーズ)
しかしながら手動とは・・・・
すごいですねぇ・・・普通考えないが・・・宗一郎さん?

自分でもほんとに掛かるのか、自信ございませんが・・・
さらに申しあげればこのエンジンが生きていればのお話です

端直に申しまして現在の所・・・不明です

紐は引っ張れますが・・・
だだ何となくクランクの廻りが軽い気がする・・・
圧縮あるんかいな?・・・と、ここで深い考えはやめました・・・
後が怖いので・・

これ以上問題箇所が増えないことを祈りつつ・・

以下11/7追加筆


上の写真がその発電機のごとく紐で引っ張って始動する?
の図でございます。
果たして、ほんまに掛かるんかいな?
?

エーここで私事ではありますが
我が作業場には・・・(ガレージではありませぬ)あくまで作業場です・・・実際には倉庫ですが・・恥・・
そこには、電気・水道・ガス?が揃いも揃って、ありません
少なくても電気・水道がほしいのですがねぇー
おかげで作業に難儀することしばし・・・
とりあえず電気はボロ発電機で
しのいでおりますが・・大恥・・

ということで
発電機で予行演習でもしておきますか!!
しかしこのボロ発電機すごーくうるさいのよねー
30分と掛けてたら近所迷惑なのよねー
あー・・・ガレージがほしい!!
しかしこれも、かなわぬ夢でございますねぇーー



怒涛の解体作業・・その15へ


直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー