直線上に配置
バナー
2009/07/26 再編集版

* 怒涛の解体作業・・その17 *



前回の続きでスパナを回している図
ですが・・・・


結果この方法では・・・
あえなく撃沈です
外れません

ここでちと、お話が脇にそれますが、左に私の手が写ってございますが
親指の辺りが赤くなっております。これはプラハンでスパナをたたいておりました
時に、これもちと脇にそれまして手を直撃しました跡でございます
痛いの何のw(☆o◎)w (;。;) .(хх。) !?・・って状態って感じでした・・・

どうか皆様も作業なさる際にはお気を付けてくださいませ。

・・・で作業が続きますが・・
どうしたら?!・・・お手上げ!!(_ _,)/~~

仕方なく暫く不貞寝じゃなく、放っておくことに

数日後
ここでまたもや、良からぬ名案が
浮かびました

これがその案です・・・・思いっきり カーット(cut)
あーあー勿体無い・・・
なーんて言わないように・・・
我が貧弱な頭脳では
これしか方法無かったんですから・・・グスン└(T_T;)┘
カウルが邪魔なんです
ハンドル取れねば、カウルも取れません・・・順が逆ですが、この際仕方ない


しかしこれではホントに
ただの解体になってしまいましたねぇ・・・
どうやらそのようです・・・!

しかしながらもっといい案が無かったのかねー
・・・っと言われそうですが

実はこのカウル全面前面がほぼ半分
割れております


と、言うことは

そう、いずれにしても補修が必要なんです・・・

なーんだ、そういうことだったんですか?・・・早く言って下さいよ
意地悪(-_-メ)
で、このようなお姿に・・・

あらら・・せっかくの美人が台無しに・・


全面前面の状態ですが、ちと判りずらいが
縦半分に割れております。
そこへもって過去に、ボンドで補修してあるようです・・・ですので真っ二つにはなりません・・
さらに輪を掛けて自家塗装も入っているようでございます
この写真では全く判りませんが
ひび割れが無数にあります・・・アップで撮っとけば良かったか?→前の作業16参照
そして、カウルを触るたびに塗装の粉雪が、冬でもないのに
パラパラっと降ってきます


まさに前途多難でございますねー

ハンドルはまだ外れておりませんし・・・

ハぁー

怒涛の解体作業・・その18へ


直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー