直線上に配置
バナー
2009/10/01 再編集版
蘇れM85・悪戦苦闘??の再生・・・その18


さて、新年第二弾のUPとなりましたが
相も変わらず寒いですねぇー

さて、ジュノオですが、何とか春には完成させたいと
目論んでますが、まだまだ先が長いなぁー;(´◇`);


そういうことで、まずはフロントショックのリペアから・・・
フロントショックが片付きませんと
フロント廻りが完成しませんので・・・

まず最初はこんな状態でして・・・
・・使用は諦めて代用品を探してたのですが
無い、ない・・・・代用品がない・・・見つからない

困った・・・・

 

代用品が無い理由ですが、ショックの先端がフックしてまして
似て非なるものはたくさんあるが、この形がネックとなりまして
結局諦めて、元のこいつを使うことに・・・・"((_- )( -_))"

しかし、この錆はどう料理します?


 


・・・で、分解の上錆取り漬け置き・・・
それでも取れません・・・

どうすっかなー・・・???

 

仕方なしに、スーパーカブのリヤショックを調達

・・で、こいつを分解の上、めっきのカバーを
使おうかと考えたが・・・失敗

サイズが合わなくて、ジュノオのスプリングが納まりません

じゃー、このカブのショックのスプリングが綺麗だったので
使おうか・・・・しかし失敗

スプリングが硬すぎる(-_-x)・・乗りごこちに影響するのでパス

ダンパーにも問題があるのですが、これ非分解式です
・・・・中のフォークオイル入れ替えたかったが・・
分解できなくもないが、かしめてあるので・・・・諦めた・・・残念!!

 

・・・結局代用品探しはしぶしぶ諦めて・・・こいつを使うっきゃない

取り敢えず、めっきカバーはユニクロめっきして・・・・

しかし、このショックのカバー、実は・・・
錆のために無数の子穴が空いてます・・・・2本共
最初穴があるとは思わなかったのだが・・;(´0`);

見えますか?・・・
が・・・

・・・で、こいつを埋めるために、スプレーパテで、てんこ盛り

錆のために表面が凸凹してるんで・・・・たっぷり


 

めっきが掛かってるパーツは全て、スプレーパテで吹き吹き

当然それでも表面の凸凹は取れません

今度は、パテで埋めることに
・・・

 

今の時期、外での水洗い作業は無理・・・軟弱??
なので、自宅の洗面所での作業・・・・外に比べてあったかいね )^o^(
しかし、奥さんの目が冷たい??


 

パテで、表面の凸凹をならして行きます

・・しかしアマなので、へたくそですが・・・
多少のピンホール・凹みはこの際、無視・・・・(*^m^*)


  

・・・いよいよ、塗装に取りかかります

・・で、今回用意したのは、この2点です

今回は、再めっきはしません・・・・っと言うか出来ません

あまりに表面が荒れてますので・・・・まぁやってやれないことも無いが・・コストがね

今回は、めっきが掛かってる部分は全てこの、ステンレスコート
という塗装をします。・・・使ったことありませんが
磨けば、ステンレスの鏡面仕上げになるということですので・・・本当か??




・・ということで、塗装してみました・・・・・
フロントショックはこんな感じで、ほぼ完成??・・・磨き作業は乾燥してから
・・・
しかし塗ってみて、ステンレスと言うよりは、単なるゴールドっぽいが・・・?


 


・・・お次は、リヤ・フロントウィンカーの本体に参ります

こいつもステンレスコートでシュッ・・・・・で終わり・・・早い!!(UPは一瞬・作業は一日)

もちろん表面研磨の上、サフ塗り後ですよ・・・



上は、テールランプの枠ですが、ステンレスコートで
塗装乾燥後、磨いて見た所です・・・・・鏡面にはなってませんけど??
まあ、塗装ですから、あまり期待してはいけませんね・・・・・期待しすぎたか?

それでも、コストは安いので、良しとしましょう・・・・事故自己満足


次の作業は、何にしましょうかねぇ?

蘇れM85・悪戦苦闘??の再生その19・・・へ



直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー