直線上に配置
バナー
2009/10/01 再編集版
蘇れM85・悪戦苦闘??の再生・・・その37

我がジュノオも解体してから半年
ずいぶんと時間掛かりました・・・・掛かりすぎか??

仕事合間の作業ですから、仕方ありません・・・・

加えてパーツ不足ですので・・・

とりあえず、進めるところは、進みましょう??・・・・

まず、チャージランプは腐食してましたので
そこら辺で売ってます、車用?のランプに交換しました

気分は新車??・・・・・






チャージランプが光ってます・・・・・
隣にありますのは、ガソリン点滴用のチューブです・・・

試運転してます最中です・・・

後でこの穴は、ダミーでチョークレバーを
セットします・・・・今の所機能しませんが・・・





えー、続きましてサイドカバーを
本体ボディにセットいたします

この、サイドカバーの軸シャフトですが
いいのが無かったんで、とりあえずヘックスボルトを緩める
レンチで代用してます・・・簡単ですので・・

こんなので良いのか??・・・ってのは有るが・・

 

・・・・と、こんな感じになりました・・・・はい終わり

なんか、あけっないが・・・



ハイ、お次は、ガソリンタンクキャップの
ゴムパッキンですが、市販品のが一杯有るが
果たして、どれが合うのか判りませんでした・・・

仕方なく、NBR(ニトリルゴム)の3mm厚を
カットして作ります・・・・・何も作らなくても良いとは思うが・・・

ちなみに、このキャップは錆が余りにひどいので
ユニクロめっきしてあります





えー、さらに続きまして、キャブレターに通じる
フューエルホースのタンク側に点滴で使用しました
フィルターをセットしておきます・・・・当分の間

ガソリンタンクは洗浄してますが、まだまだ
細かいゴミまで取りきれてませんので・・・

今の所、ワンウェイバルブは何処に付けるか未定です

とりあえず、ワンウェイバルブ無しで進めます
試運転を行いながら考えましょう・・・・




前回の、忌まわしい出来事から、やっと復活しました
バンジョウボルトですが
タンク洗浄後、ようやくホースをつなげました
なお、この時はパッキンはブーレーキホース
用のアルミワッシャーを使いました・・・・
後で悲劇(喜劇)の元に・・・




タンク側のフューエルパイプです
当ジュノオは左から
リザーブライン・通常のコックライン・キャブレター行きのライン
&リターンパイプラインの順になっております・・・こんな説明
必要ないとは思うが・・・同じジュノオでも個体差があるようでして・・

なおバンジョウボルトですが、キャブレターに付いてました
物を利用しましたが、若干ネジ部分の長さが本来の物より短いようです・・・
多分大丈夫とは思うが・・・;;(^o^);;




ようやく、ボディに乗せました・・・・
上の写真は、ボディ裏から見てます・・・・結構狭くて
配線やら、ホースやら、ごちゃごちゃです・・・・





上の写真は、ボディ外側のフューエルポンプ後方
を撮ったものです・・・ホースの本数が多すぎ!!・・・


此処までこてようやく、ガソリンをタンクに入れました・・・・


・・・・此処で悲劇(喜劇)が・・・・

何とガソリンが
漏れてます・・・・

まずは、バンジョウボルトのパッキンから・・・・ポタリポタリ・・・
そしてフューエルポンプのコック部分から・・・・ジャージャー・・・


辺りが、暗かったので、何か匂うな??・・・と

アー・・・・漏れてる・・・って感じ・・・

普通タンクだけででテストするよね??・・・・
まさか漏れるとは思わず、テストしてません・・・・大恥!!

えー慌てて、タンクを外しました・・・・

漏れたガソリンは、ボディに垂れ流しです・・・

塗装がウレタン塗装じゃなかったら、又再塗装の運命でしたが・・やれやれ
ウレタン塗装でよかったー・・・・しみじみ・・・


まずは、バンジョうボルトのパッキンは、元々ついていました紙?アスベストパッキン
でしたが、古いのは使いたくないっと、言うので?アルミワッシャー
を使ったのがまずかったようで・・・・仕方無しに、元々付いてました
アスベスト?パッキンに戻します・・・・その後漏れてはいないようです




フューエルポンプのコックのパッキンですが、分解の時には、もしかしたら漏るかも・・・


・・っと、思っていたのですが、すっかり忘れてまして・・・

・・・やはり漏りましたようで・・・カチコチで弾力性がありませんので・・・

・・で、このパッキンですが、近所の割りと大きい
ホンダのバイク屋に見せて、注文しようとしたら
こんなパッキンは無いです・・って・・・オイオイ・・いきなり
見たこと無いって・・・ホントか??

自分は結構見てますが・・・
確かGT750にも使ってたぞ・・・サイズは知らんが・・

これで、ほんとにバイク屋か??・・・


それに、パーツ番号判らないと注文できないそうで・・・
パーツ番号わかりゃ、こんな苦労しませんが・・

昔は良かった・・・・メーカーに直で頼めたのに


弱りました・・・この部品が無いために
タンクをボディに乗せられないでおります・・・・

何とか探さなきゃ・・・結構あると思ってた自分がアホ??


・・さらに、今度はポンプが動作しません・・・
タンク本体のみではポンプが動作してますが・・・

テスターで当りますと、どうもハーネスに電気がきていません

おっかしいナー・・・・テストしてるのに・・




・・・仕方無く、ポイントシャフトを再度外します

フューエルポンプのポイントチェック・・・・異常あり

実は、一度この線ショートさせてます・・・・自分が悪い・・・えっへん??
その影響で、端子が丸こげでした・・・ありゃー!!

当然ですね・・・ポンプ動作するわけ無い・・

仕方なく、配線を再度作ります・・・ポイントも磨きます・・

テストします→OKでした


・・・ようやくタンクまで信号が来るようになりました

で、フューエルポンプ動作完了・・・・なんか回り道ですが・・

・・・で先ほどのコックのパッキンが見つかるまで
ボディに乗せるのは、お預け状態です・・


 

・・・まだまだ、細かい作業が意外に、一杯有りますなー

とりあえず、ウィンカーのランプ(バルブ)テストをしてOKのようですので
レンズを付けましょう・・・・

リヤウインカーもセットしたいが、ガソリンタンクをセットして
モールをセットしませんと、リヤウインカーをセット出来ないのよねー・・・

ため息・・・

果たして、最近、気力低下してますが・・・



蘇れM85・悪戦苦闘??の再生その38・・・へ



直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー