直線上に配置
バナー
2009/08/01 再編集版
蘇ったM85 完成披露(疲労)・・・最終回!!・・・・多分?

ジュノオですが、約10ヶ月に及ぶ長期連載??も
いよいよ、最後のUPが来たようです・・・


今、色々思い起こしまして
かなり滅茶苦茶な??事をしたもんだ??
・・・と反省しきり・・・

このホームページ自体もかなり適当では有りますが・・・(~Q~;)


実際、熱して冷めやすい・飽きっぽい性格なのですが・・・・
此処まで、何とかかんとか、やってこれましたのも
ご覧の皆様のお陰であります・・・感謝!! m(・_・!)m 

取り敢えず最終回?のUPです・・・

爆音仕様のマフラーにかなり、不満がありましたので
最終課題?のマフラーを再度変更するために、色々考えた挙句
Wirus WinのCD90用のロッドサイレンサーマフラーを
チョイス!!

ちなみに、これもオールステンレスです

で、果たして、うまく取り付くのか??

ちなみに、現物を見て、頼んだわけではありません
ので、現物が来るまでは、どんな物かも判りません

ちなみに、マフラー性能なども当然
全く持って、判りません・・・当たり前??

ロードテストが楽しみ??
ホームページの写真では、エキパイとサイレンサー
の接続部分がストレートの
直線に見えたのですが
実際は、エキパイとサイレンサーの部分で
角度が付いてました・・・汗!!

ストレートだとばっかり思ってましたが・・

果たして、取り付くの??
不安になりましたが・・・

まあ、ここでじたばたしても始まりません

よっこらしょっと・・重い腰を上げて作業だ

取り敢えずエキパイの部分は必要ないので
長さをあわせて、サンダーにてカットします
ちなみに、エキパイ加工中の写真はありません
作業に夢中で撮ってません

サイレンサーエンド部分をフロアーボード
の後端にあわせてカットします

加工済みのエキパイと連結してみます
エキパイと、サイレンサーが直線ではありませんので
サイレンサーが外向きになるよう
回転させながら、位置あわせを行います

左右同じ条件にはなりません・・・・汗!!

それは、既存のマフラーステー(メインスタンド部分)
の形状が左右で違う為です・・・

どうしましょう??
とりあえず、何とか見れる状態にまで持って行きます??

サイレンサーの下部分を
既存のマフラーステー(メインスタンド部分)で
受けるようにしました

さらに、フロアー部分の一部は
サイレンサーエンドの上端で
補強メンバー代わりに
受けるように致します
ちなみに、このロッドサイレンサーマフラーの
サイレンサーエンドのUP写真です

かなり肉厚が厚いパイプです
マフラーエンドの全体写真です
フロアーとの関係がわかりますね??

フロアー後端が、サイレンサー上に載せてます
実際には、この間に、耐熱?の板ゴムラバークッション
が付きます・・・
左右後端の様子です
中々、ぴったり左右対称に成りませぬ

仕方無い??
マフラー仮取り付けで、ロードテスト中です・・・

現在60km走行中です・・・

片手で、写真撮るのって・・久しぶり・・・

長い上り坂で中々スピードが乗りません!!

現時点では、マフラーブラケットがうまく加工できてませんので
無いまま、マフラー固定せずに嵌め込んだまま走りましたら
走行中に、マフラーが抜け落ちそうになりまして
あせった、焦った、アセッタ・・・

良い子はまねしないように・・・汗


結果ですが、音に関しては、アイドリング時は多少
歯切れの良い低音があるものの
ほぼノーマルの音に近ずきました。爆音仕様に比べますと
かなり・・というか、全然??大人しくなりましたね。・・・・嬉!!

しかし、その反面、抜けが悪くなりましたので、加速性能はガックシ
落ちました・・・・悲!!

燃費は気にしませんが、かなり悪くなった
雰囲気です。多分10km/L台か??
今度正確に計測して見ますね

:現時点では、最高速は平坦道でメーター読み95km位
向かい風強い場合(台風来てた)は平坦道で80km位
0〜400m加速は未計測ですが
加速性能が悪いので、多分出だしで現代の90ccスクーター
にも負けます。へたすりゃ、50ccにも負ける??
その後スピードが乗って来まして、追い抜きますが・・・

いまだ、本気でしたことありませんが・・・

消耗品パーツが無いので、ここは大人しく??


マフラーに関しては、これで満足したわけでは有りませんが
中々、これっ・・・っと言ったものが無いので
今後も?マフラー探しは続く物と思われます?・・・
フロントカウルのチョークケーブル穴は
ダミーランプ(青)を付けて、塞ぎます

ちなみに、隣(赤)はチャージランプです
マフラーの固定ステーが、かなり難しくて
此処まで来るのに、暫く無しのまま走ってましたが
さすがに、毎回マフラー脱落しそうになるのは
勘弁・・・・って事で・・・対策

かなり、ああでもない・こうでもない・・・もんもんと・・・続いて・・

で、ようやく決定・・・・やれやれ
で、どのようにしたか・・と言いますと
マフラー側エキパイに耐熱パッキンを
巻いてその上にバンド固定します

その上で、L型アングルのブラケットで共締め

さらに、ケース側からは、たまたま余ってました
市販品のミラー固定用アダプターでスペーサー代わりに
持ち出してこれに固定します
・・・・
ココには、フットブレーキの戻りスプリングの
ストッパーも同時に兼ねています

ちなみに、こちら側は右シリンダー側の
エキパイです

取り付け方法は同じでも、左右シリンダーで違います

あー、めんどくさいなぁー
この写真も、右シリンダー側です

シリンダー側からのエキパイの連結は
市販のジョイントパイプ(めっき鋳物)を使って連結しています

排気漏れ対策は、極薄のシリコンゴムで
サンドイッチしてあります
フロアー補強ですが、ケースより持ち出しのL型アングル
に、硬質丸板ゴムラバーで浮かしてフロアーを支持しています

片側当り2本使用していますので
左右で4本使ってます

でも、不安は一杯??
未だに、フロアーに全体重を乗せれません・・・
エキパイと、マフラーの連結パイプの様子です

しかし、マフラー関連の下回りの作業は疲れます
バイクリフトが欲しいです

次回はやる気起きません

腰が・・・いたたたたぁぁ・・・ケンシロウ??
で、左シリンダー側のこちらは
同じマフラー固定のブラケットですが
こちら側には、ミラー固定用のアダプター
は無しで、L型ブラケットのみで固定しています

ちなみに、マフラー固定バンドの向きは
右シリンダー側とは反対向きになりました



ようやく、マフラー関連終わり


疲!!
お次は、前回液体パッキンでシールしました
タイミングチェーンアジャスターのオイル漏れ対策でしたが
全然、直っていません・・・と、いうかオイル漏れ再発です

仕方ありませんので、再び徹底的に分解・・・洗浄
このタイミングシャフトですが、前後に多少スライドすることが
判明いたしましたので、スライドさせて
ついでに、頭のつぶれた化粧袋ナットをステンレスに交換します

その上で、再度タイミングシャフト
廻りに、たっぷり液体パッキンでシール

その後の漏れは、今の所無し


直ったか??

多分
お次は、エンジン始動性が悪いので
以前より気になっていました、タペット調整に踏み切ります

作業自体はBMWのOHVフラットツインとなんら変りませんが・・

しかし、あまり、気が乗らないが
いや・いやの作業です

で、ヘッドカバーを取ります

こりゃー・・・またオイルヘドロ?
が、かなり積もってます・・・

エンジン内部フラッシングしたいなぁー
フラッシングは余り良いことでは無い?との事ですので
今回はしませんが・・・

それでは、ということで、このあとタペット調整後暖気運転して
今回、通算3回目のOIL交換を致しました
ヘッド部分のバルブ廻りです
下側に、小判型の?のアジャスターアームに
接触して付いてます
丸いスプリング部分が、油圧タペット部分ですね

タペット調整は、上側のバルブスプリングに付いてます
ロッカーアームのロックナットを緩めて行います
ちなみに、これモンキーなんかと同じサイズのようですね

カタログでは、圧縮上死点で
IN・EX共に 0.5mmとの事です

かなり、大きめですねぇー・・・ほんとかなぁー??

多分エンジン始動後油圧にてタペットギャップを0に
するのだと思われますので、大きめなのか??

取り敢えず、圧縮上死点を探すのですが
通常のバイクと違いまして、タイミングマークが在りません
(もしかして、知らないだけかも)

仕方無いので、プラグを外して、ピストンヘッドの位置を見て
(正確に測るならダイヤルゲージでね)
圧縮上死点を探します

お馬鹿さんなので、これしか思い浮かびません

タペット調整は通常エンジン冷えているときに行います

で、調整するのですが、今回のチェックでは、右側シリンダーの
タペットギャップが0でした・・・・

前回のチェックでは、問題無いと思ったが・・・
適当だったか??

良くこれで掛かってたなぁー・・汗!!

取り敢えず、今回はタペットギャップの寸法は0.3mmで
セットします・・・・0.5mmのゲージが無いため

0.2+0.3の2枚あわせでも良いが・・・
正確ではなくなるので

今回は、これで様子見です


その後ですが、バッチリ・・・一発始動です
もっと早くやれば良かった・・・・悔!!
エアークリーナーですが、当初パワーフィルターを
嵌め込んでいただけでしたが、フロントインナーカバー
を取り付けるに当って、脱落するのが嫌なので
平板バーで、押さえつけて固定しておきます


これで、インナーカバーを取り付けまして
見えなくなりますが、脱落の心配は無くなりましたね
で、いよいよフロントカウルのインナーカバー?を
取り付けます
インナーカバーを固定するつまみボルトですが
此処は本来、HMマークの有るプラスチック
ネジで固定するのですが
当ジュノオは当初から1本欠品でした

一本のみではおかしいので、もう一本
探さなきゃ・・・別に無くて困る物ではないが・・

仕方ありませんので、当分このショーケース用の
大型のめっきネジで固定します

フロントカウルの度重なる補修で
合口が、全然合いません・・・・

暫く走ってれば、合うのか?
又は、馴染むのか?


まあ、部品があるだけで良しとしましょう・・・
左右共に、ショーケース用の
大型のめっきネジで固定しましたが
左右共に、かなりカウル変形大き目
で、合わせるのが大変!!

無理やり合わせます

後で割れそうな雰囲気??
ようやく、完成の図
こんな感じ・・・・
只今の所、フロントフォーク先端のメッキカバー
だけ、未取り付けです

片側のパーツはあるのですが
もう片側がありませんので、取り付けてません

当初付いていたものは錆取りしてありますが、
穴だらけで取り付けは無理!!

まあ、これも無くて困る物ではありませんが・・・

・・・と無理に??納得させる・・

後に、純正新品を入手
取り付け済みです
これまで、色々楽しかったですなぁー

でも、疲れた!!
これから、何処へ走りに行こうかな??
この日は、久しぶりに天気が良かったので
エキパイを作ってくれました三郷まで仕事も兼ねて
一走り・・・・・ブーンε=ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛ダダダ!!!  


乗りこごちですが、平坦な道では、すごーく平和で
サスペンションが柔らかいために、
例えですが、まるで雲の上に居るようです

雲の上に乗ったこと有りませんがね・・・

でも、ギャップに乗ると目が覚めます!!
底付きします・・・

ちなみに、自分の体重は只今62kgです
二人乗りではどうなんだろう?
乗りたく無いらしいが
今度嫁さんと、乗ってみるかな??

さらに、コーナーリング中は時と場合によっては
メインスタンドから火花が出ます・・・
ノーマル位置ですが、擦りますねぇー

大人しく乗ってますが!!??

マフラーが、静かになったせいか、エンジンノイズ
がかなり、耳ざわりな感じ??
約一年前に当方に転がり込んで来た時の
メーターです

13165kmを指しています


今回の修理??では、メーター内部には
一切手をつけませんでした・・

でも、このメーターすぐに、曇ります・・
湿気が抜けないようでして・・・
只今、13454kmを指しています

当初、スピードメーターケーブルが
長すぎて、取り付けできなかった為
ケーブル無しでの走行を含めますと
これまでに約 300kmちょっとの走行ですね

マイナートラブル??(オイル漏れ)
があったものの、大きなトラブル無し!!

まあ、良かった・・目出度し・メデタシ

これからも、大事に走行距離を伸ばして行きたいと
思います
ハイ!!



これまでのお付き合い・・・感謝・サンクス!!

今後は、仮題=旅日記(ツーリング日記?)でお会いしましょう

・・

今後の続きは、P25様がジュノオを入手したとの事ですので
コレクションホール並のレストア中の様子を
期待してみましょう??


では、ごきげんよう・・・さようなら


直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー