2008-5月連載

シルバーピジョン C83DX お馬鹿な再生・最後の?奮闘記録!!


*pigeon -1■ シルバーピジョン C83 DX登場!!■
■ボビーデラックス■



■プロローグ■

時は、2008年1月、某オークションを眺めてましたら
出品されていた、コイツに目が止まりました!!
・・・
普段はスルーして気に留めないのですが
昨年の10月開催されました
第三回湘南クラッシックスクーターの集いで見た
インパクトの強烈だった!!ピジョンC90の影響か?
いつの間にか、頭の片隅にピジョンに対する
興味が湧いていたようです・・・
・・・
ラビットも良いですが
ピジョンも捨てがたい魅力がありますね
・・
・・・って、ピジョンは
もちろん、これまでに乗ったことはおろか、所有したことも有りませんので
全く未知なるバイクでございます・・・( ̄□ ̄;)

・・・で・・
そのときの状態は、こんな感じでしたが・・・・・

 

 
コレをご覧の皆様はどんな印象かな??
・・
この画像からは、程度が良いとは、とっても思えません\(◎o◎)/!
これを見る限り
かなりの試練が待ち構えている雰囲気が漂いますねぇー・・・・・( ̄□ ̄;)!!

しかしながら
そうそう出るバイクでも有りません
仮に出ても、私のような、超〜貧乏人にはチョッと高い!!・・・・llllll(-_-;)llllll
コレは
まぁ、価格なり・・・と、言えばそれなりですけど・・
・・・
後で冷静になって、思えば・・・・あぁぁぁぁー・・やってもうた・・って感じ??
毎度の事か??
・・・・・
早速引き取りに行って来るか!!
しかし、この引取り時点からして、大きな試練でした・・・
死ぬかと思いましたもん!!(~Q~;)
この模様は以下に続く



■1950年代後半のスクーター■

1950年代後半、当時の国産スクーターは様々なメーカーが乱立!!
こぞって生産されていたようです

当時、この年代ではヨーロッパ諸国のスクーターが先進国ですが
日本では
ホンダジュノオ・平野ポップ・三光ジェット・日研ルビー・ニッケイスクーター
カワサキバイクスクーター・ナカジマキッドスクーター・ヤマハスクーターSC1
ヒットスクーター・などなど
他もあるのですが
販売台数からして、東のラビット・西のピジョン
と、言うように、この2大勢力で占められていたようです
・・・
しかしながら、1960年代中期に入り
急速にスクーターの衰退が訪れます
・・
本車・シルバーピジョンを生産していた新三菱重工業(後の三菱重工)は
1965年4月、生産に終止符を打つことになります
・・
その後国内唯一のスクーター生産メーカーであるラビットの富士重工業も
1968年にラビットの生産を中止

その後、日本のスクーターは、1979年の
ヤマハ・パッソル

1980年のホンダ・タクトの発売までの
約10年間
スクーターのない空洞の期間が生まれることになります


現代では、主流が?スクーター?・・と、言うのも皮肉ですが
時代の変化ですかねぇー・・・


・・・以上の資料は・八重洲出版 スクーターファン vol.3より・・・


★シルバーピジョン C-83 DX (ボビー)主要諸元★
メーカー=新三菱重工業
名称と形式= NE-8C型 最高出力=5.0HP/6000r.p.m
全長=1,900 最大トルク=0.73kgm/3800r.p.m
全巾=715 点火方式=フライホイールマグネット点火
全高=995 変速操作=ベルト式自動無段変速
車両重量=115kg 燃料タンク容量=8.0l
最高速度=72km/h フレーム=モノコックボディ
エンジン=強制空冷4サイクル単気筒 OHV
総排気量=124cc ウィンカー有り・リヤストップランプ無し・フロントブレーキ無し
当時の仕様では、ウィンカー&フロントブレーキはオプション扱い
ボア&ストローク=55x52.5mm 年式=発表は1958年・・・当方の年式は1959年式
ボビーにはC-73のSVエンジンのスタンダードと
C-83のOHVエンジンのデラックスの二種類有ったようです
・・
落札した当初は憧れのSVエンジンだと思ってたのだが
残念な事に??OHVエンジンでした!!


当時の販売価格=\124,000

記載中の文面で、不適切&間違いな箇所がありましたらご指摘願います・・・ペコリ!!



■ワクワク??・・と、言うより地獄の引き取り編■

例の如く前置きが長くなりましたが、時は一月・石川県○○市までの
往復1150kmを架けて
直接引き取りに行って参りました!!
コレが失敗の元??

今にして思えば、この引取りからして
波乱の幕開けのような・・・・
・・・・
引き取り4日位前までは、天気も良くて
まさか雪は無いだろうと思ってましたが・・・降りました
コレは翌日すぐに解けたので、積雪は無い!!・・と踏んでいたのだが・・・
当日・・・まさかの雪で・・死ぬ思いを!!
・・・・
ちなみに、スキーはココ10年以上はやっていませんので
スタッドレスタイヤはおろか、タイヤチェーンさえ用意していない状況で
関越道⇒上信越道⇒北陸道⇒能越道・・・と言うルートで
行きましたが・・・・

当日石川の引き取り先の話では
雪は積もって無い
・・・と、言う話で
安心していたのだが・・

長野を過ぎた辺りから
何か?・・・雪降ってるねぇー・・(;゜〇゜)

ま・まぁ・・大丈夫・・だぁー??
・・で・でも・・・何か??
だんだん雪が酷くなってない??

う〜ん・・・そのようだね(;゜〇゜)

少し、スピード落としましょう!!
・・・・
・・
その先、信州中野辺りに
チェーン規制で、タイヤチェックが有るらしい

チェーンもスタッドレスも装着してないが・・・
まぁ・・大丈夫・・か??
・・・・
やはり、チェーン規制の為の
検問チェックが有りました!!
チェーン未装着車はココで強制的に
降りなきゃならないようです

まだまだ先なのに
ココで降りたら、今日着きませんが・・o(>< )o o( ><)o

かなり、やばい道路状況!!
無謀です!!
ここで、何を思ったか??

タイヤチェックの際、スタッドレスタイヤです!!
・・・と、検問員に言ってしまった!!

検問員は???状態の顔をしてましたが
そのまま、通過してしまったぁー( ̄□ ̄;)!!

勢いとは、恐ろしい!!
良く見れば、スタッドレスでは無いことは
すぐに分かるのだが・・・
・・・・
しかし
コレが後に、死ぬ思いを!!
・・・・
どんどん、雪が酷くなるばかりで
当然スピードも極端に落として
走行せざるを得ません

四輪駆動車と違い
RF駆動の我が軽トラは、アクセルワークを
慎重にしませんと、すぐに首を振ります

かなり、やばい・やばすぎる状況です

やっとこさ、パーキングに入った携帯でのスナップです
・・
そこでは、除雪車がさかんに
雪掻きを・・・
慎重に走行するのだが
後方から来る車は
すべてスタッドレスタイヤ装着車ばかりで
スピードが速い事!!

その度に
止まらない程度の
(止まったら再び走らせるのはかなり難しい状況なので)

速度で積雪・山盛り・状態の路肩へ寄せて
通過を促すのだが
路面の積雪量が多くなるにしたがって
スピンを繰り返すようになりましたぁー
・・・
このまま走っては、危険です
死にます!!

3回目位なんか、スピンして、右向いたり
左向いたり、そのまま、横走りをしたりと・・・
(・ ・;))。。オロオロ。。''((;・ ・)
何とか、カウンターステアのをあてて
立ち直りましたが
怖い!!
・・・・
しかも、分離帯の無い対面通行です

後方の車はかなり焦って距離を空けて
ハザード点けて走ってました
済みません!!m(_ _)m
・・・
スタッドレスじゃなくても、せめて
チェーン位用意するんだったなぁー

後悔先に立たず・・とは、この事だ!!
・・・・
とりあえず、パーキングに入ろう!!
何とか、パーキングに入る坂を、フラフラしながら
勢い付けて上って、到着!!

じ・じゅ・寿命が縮まったぞい!!
何とか、ここ、妙高SAに着いたものの
これから、どうしましょう??

行くことも、戻ることも出来ず!!
・・・
先方との約束時間までアト3時間!!
このままの状態では、とても着きません!!

写真ですが
以降は全く撮る余裕など無く
一枚もありませんが
勘弁!!

・・・・
先方までは多分あと、2/3位の距離が有るでしょう!!

仕方なく、最低でもタイヤチェーンを
買う為に一度下車しなきゃ!!

妙高SAから上越高田まで、スピン&蛇行しながら
なおかつ冷や汗かいて
何とか、下車を果たします

ここでも、多分寿命が5年くらい縮まったと思われます

当然下車したとしても、雪が無くなるわけではないので
安心は出来ません
・・・・
不案内な道を探して
ようやくカー用品ショップへ
・・・・
スタッドレスタイヤがベストだが
ただコレだけのために、買うのは痛い出費
・・なので、タイヤチェーンを、購入

しかし、タイヤチェーンを買ったのは良いが
スピードがかな落ちますが、仕方有りません
滑って事故るよりは、大いにましです

再び上越JCTから、北陸道に入り
遅いながらも、チンタラ走行
しかし、余りに遅い\(`o'")

北陸道・朝日辺りからは積雪が無くなり
タイヤチェーンを外します
・・・
いやー快適!!
しかし、約束の時間は当に過ぎていますので
かなり焦ります
・・・
でも、この地域は天候の変動が大きいようで
場所によっては、雪が降ったりしてます
・・・
その度にチェーンの装着は面倒なので
そのまま、走りきりました!!
・・・・
ようやく先方宅へ到着
約束の時間より
5時間遅れです
済みません

ここで、上の写真のボビーと対面
思っていた以上?の程度でした・・・ハイ( ̄□ ̄;)
・・・・
楽しいお話の後、積み込んで
いざ帰り支度

このころから、本格的にみぞれに変わりました!!
帰り道もかなり、怖い!!
まぁ・・タイヤチェーンが有るので、安心??
・・・・
しかし、コレでも、後に大変な思いをすることになります
・・・・・
ご存知?のように、北陸道はトンネルが非常に多い!!
29箇所のトンネルがありました
多すぎですが、このトンネルのおかげで
タイヤチェーンが2回も切れました!!
スペアの駒が2個付属していましたので
何とかなったものの、3回目が切れたら
アウトです
・・・・
コレまで切れたのは、左タイヤのみで、右がありません
真夜中なので見えませんが
よく観察しますと、トンネル内のアスファルト路上で
チェーンが削れて、場所によっては厚みが
3/1位しか有りません

北陸道だけで2回も切れたので
せめて、上信越道の妙高辺りまでチェーンを持たせないと
帰れない・・って事になりかねません

仕方なく、チェーンを温存するために
普通に走っても40〜50kmですが
さらに落として超スロー走行で、やはりチンタラ走る羽目になります
・・・
ようやく上信越道に入りました
昼間来た時より積雪量が増えています
・・・・ココでも、チェーン規制の為の
検問チェックが有りましたが
チェーン装着してるので、堂々と通過です

内心は
いつチェーンが切れるか心配でしょうが無いのですが・・・

真夜中の上信越道は、スタッドレスのトラックが多い、と、言うより
全部スタッドレスです(^=^;

後方に着かれますと、その度に路肩へ寄せて
譲るのですが、1車線の上に、路肩は除雪車の掻き揚げた雪が
積もっていて、なかなか難儀しますが
何とか、通過を促して、自分はチンタラ走行

しかし、とうとう恐れていたことがおきました!!
上信越道・中郷辺りで3回目のチェーン切れ!!
・・・
万事休止か??
・・・・
仕方なく、針金で代用
どこまで持つかは分かりませんが、少しでも
東京方面に向けて走ります

信州中野辺りまでこの状態で
チェーン温存の為、極力雪がある所を狙って走行

ようやく、チェーンが無くても??
大丈夫??な地点まで、走ってきたようです
・・・・・
いゃー・・・疲れた!!

いゃー・・チェーンが無いって
ホントに良いものですね!!

疲れているものの、朝日が昇りはじめた頃に
我がガレージに
やっと到着

こういうのは
今後は業者に頼もう!!・・・と、この時は思うのでした!!

・・と、こんな無謀な状況で
何とか死なずに
引き取りに行った訳ですが今回の件で
寿命がかなり縮まりましたので
充電後
車体の実況検分公開は次回に繰越です
(_ _)(-.-)(~O~)-(_ _)(-.-)(~O~)

次回は 凄いぞ!! 車体検証編です・・・何が凄いって??








直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー