2008-5月連載

シルバーピジョン C83DX お馬鹿な再生・最後の?奮闘記録!!


*pigeon 2■ 凄いぞ!!・・って何が??■車体検証編
■ボビーデラックスC83■


■車体を引き上げてきたけれど・・・汗!!■

前回死ぬかと!!・・・思いをしながら
やっとの思いで、引き上げて来ました

・・・・
何とか蘇生後の??後日
・・・・
いよいよ車体から
あちこち見て行きましょうか??

別に此処で公開しなくとも、前出の引き上げ時の写真で
粗方の想像が付くとは思いますが・・・(;-_-R;)

取り合えずは
当時
完成したてのヒラノポップと
ハイ・チーズ!!

・・と、いっても
苦労して
引き上げてきた私は、笑えません・・・(;-_-R;)

さらに
この先を考えたら
苦笑いをするしか有りません??
このピジョンのこれからの運命は??

取り合えず、絶滅してしまったヒラノポップと
記念撮影しておきます・・・

ピジョンも絶滅したが・・・

全国に実働のピジョンって
一体何台あるんでしょうね??

当時ラビットと1・2位を争っていた車両の割に
現在見かける車両は何故か
ラビットが多い気が・・・・

気のせいかな??
当時シルバーピジョンには
125ccクラスをボビー
125cc以上のクラスをピータ
・・・
と、称していたらしいです
この車両は、125ccで
C83ボビーです

で、デラックスという名前も付くようです
何がデラックスなのか判りませんけど・・・

BobbyDXのエンブレムが欠品でありませんが
日焼けの後に、その名残があります

両サイドにシルバーピジョンのエンブレムが
有りますが、まあまあの状態で
残ってて、ラッキー・・??
しかし、全体からして、錆が多すぎです

我がガレージにやってくる車両は

後になるほど、どんどん
程度が落ちていくものばかり集まりますが
何故だ??

このボビーでざっと見たところ
欠品は・エンブレム&シートのみ
・・・と思われますが
各部パーツの傷みが酷い状況のようです


シートが無いと、言うことは車両標識票も
無い!!・・・というとですね

このボビーの車両標識番号は
シート裏に、標識があるようです
車体側には、フロアートンネル左下サイドに
車体番号が打刻してあるようです
・・・・
しかし、シートが無いのは
痛い、欠品です
・・・
但し
登録は、書類が有るので、なんら差し支え無い
のですが
余り、気分がよくないですね

でも、コレは何時か、完成したらの話ですけど・・・(;-_-R;)
欠品で思い出したが
あと、メインキーですね
でも
これって、欠品の内に入らないかな??

何故かこの車両は、ヤマハのキーが
刺さってまして、
しかも、反対向きで・・・

さらに
コレで廻るんです!!
多分、キーなら何でも廻りそうですが・・・(◎-◎;)
・・・
下らん話が多いですが、年か??
ハンドル廻りは、良いやれ具合で
良い雰囲気です・・・:けど・・・

下の写真を見ていくに従って
今に
土に帰りそうな状態
前に、廻ってって
観察
・・・・
・・・
・・

無言w(☆o◎)w
辛うじて形が残ってる
ホーン
ですね

鳴らないでしょう・・多分

ホーンの真ん中にピジョンマークの
エンブレムが付いていたのですが
搬送中に脱落・紛失したようです( ̄□ ̄;)!!
辛うじて、脱落していない
ライトケース
ですね

後に、ボルトが折れて脱落しましたけど・・・・
さらに
一応、形をとどめている
ウィンカーレンズ

触ると、パリッ・パリッ・・って、おせんべいの如き
形が崩れて行きました( ̄□ ̄;)!!
次いで、メーターです

走行距離は、ほぼ正確かと思われる
26691kmを指してます

ヒラノポップ他のバイクとは違い
スピードメーター駆動のワイヤーは
フロントホイールでは無く
後輪駆動軸より、直接取っているタイプです

多分、ピータとかも同じ方式のようですね
・・・
メーターパネルも何となく
カーボーンファイバーのような柄でした・・カッコ良いぞ!!

後輪を廻しますと、かわいらしい針が
振れて動作しました!!
程度は、極上のようです??
ハンドル上の
ピジョンマークです

ヒビ割れが有るものの
状態は良好です
ヤマハのキーが刺さっているキーパネルですが
サイドに割れが有ります

残念!!
ハンドル下のチョークノブと
ハンドルロックのプッシュボタン
アクセルグリップです
ピジョンマークもしっかり残ってて
状態もまずまず??
えー・・続きまして
後ろの船を見てみましょう

ここで、判るのは
状態が、良くない・・・
と・・・・言うことだけですが

コレは、どうしたら?????
んー・・・・(。。lll)
何となく、愛嬌のある
ストップランプです

ハックション大魔王の鼻??

こんな部品無いだろうな??

その後の三菱の車に使われたらしいが
定かでは有りません
いくら何でも、シートが無いからって
こんな錆かたをしなくても・・・・・

とは、思うが・・・どうする??

かなり強敵・・・手強すぎ!!
どうやって直すの??
ガソリンメーターですが
機能するのか??

コレまで見てきて
多分、無理でしょう

ガソリンタンクの穴開きも気になりますが
現在未確認!!
船の前側です

ガソリンコックがあります
船の裏側全景

ガソリンタンクは船に固定されています

メンテの時は、この船を
前側に倒して、メンテするようですが・・・・・・
船の、ヒンジがご覧のように
潰れて、機能してません

大丈夫かなぁー

見るに従って
どんどん
落ち込んでいく・私・・・(^_^;)
船の両サイドに本来モールが
有るのですが、モールが脱落

代わりに
モールの形に添って、錆穴が・・・
あぁー・・・(_ _,)/~~
仕方なく、船の状態は、見なかった事にして??
車体に行きましょう!!

しかし、此処も、見なかった事に出来ず!!
仕方なく、公開!!
おぉぉぉぉ・・・地面が見える!!

なんと、見晴らしの良い!!???絶景??
このフロアーにちょっとでも、足を乗せますと
フロアー自体が、グラッと下がって行きます( ̄□ ̄;)
・・・
フロアーと言うより、只の薄っぺらい鉄板です

とても、足を乗せれる状態では有りません
このフロアーを使うなら
補強修理必至です

さらに、がさごそっと
地面に大量の錆びた鉄板屑の嵐!!w(☆o◎)w

んー・・・参りました!!
さらに、追い討ちです

このフレームはべスパと同じ
完全なるモノコックフレームなのですが
下から見たら、フレームの一部ががご覧の有様!!
中を通る、スピードメーターケーブルも
ちらっ・・と見えます

強度的に・・か・かなり、やばい状態です

補修&補強しないと、真っ二つに折れそうです・・・
補修出来るのか??
・・・
このフレームを見ますと
フレームに関しては、ヒラノポップの方が
良く出来ている感じを受けます
(あくまで個人的に)
・・・・
引き取った、矢先に
お先真っ暗です・・・

フットブレーキのシャフトがちらっと写ってますが
錆びて、踏んでも廻りません!!

無理に踏んだら、これも、折れそうですなぁー!!
えー・・・続きまして
こちらは、折りたたみ式のタンデムステップのようですが
辛うじて、名残が有るのみ!!
良く出来てますが、使えないのはちょっと??ねぇー!!
・・・
もーいゃっ!!
気分を変えて

フロント廻りです

やはり、大錆が有ります
ホイールのリム部分も・・・錆びて一部無い!!

モンキーと同じ8インチタイヤです
フロントに比べて、以外に状態の良い
リヤホイール
下からマフラーのエキパイを見たところですが
マフラーなんて、とっくの昔から無いようです

どこへ行った!!



・・・と、こんな状態で車体を見て来ましたが
さすがに、見ているだけで疲れました!!

エンジンの状態を見る前に
早々と、しまいこんでしまいましたが
果たして、今後が続くのか疑問符??が付く状態ですなぁー

さしあたり、エンジンの状態までは公開する予定です
(当然エンジンは現状では動きません)

次回は 凄いぞ!! エンジンの状態検証編です・・・

その後のことは、エンジン検証編の公開後考えましょう!!

いやな事は先送り??







直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー