2008-5月連載

シルバーピジョン C83DX お馬鹿な再生・最後の?奮闘記録!!


*pigeon 3■ 凄いぞ!!・・って何が??■エンジン検証編
■ボビーデラックスC83■

■前回、車体を見たけど、エンジンの状態は??!■

前回、車体を見てきましたが
余りに状態がよろしく無いようで・・・・悲!!

まあ、ここで、嘆いても始まりませんので
期待の持てる??エンジン廻りを見てみましょう!!

果たして、どんな具合かな??


最近、このソフト自体調子悪くて、写真一枚掲載するだけで
いきなり落ちる不具合多発!!

更新するにも、気が失せます

最近パソコン作ってないので
こちらも、レストア必至??
取り合えずは
船を取るとこんな感じ!!

フロアーなんか、全くのぺらぺら状態で
車体に比べれば
良い状態??
このエキパイを固定している
フランジボルトが、何故か1本の仕様

こんなんで、排気漏れしないのかしら??

エンジンを覆うシュラウドの形が
独特

カタツムリのような・・・
像の鼻のような・・・パォーン??
反対に廻って
キックレバーとファン廻り

程度は、こんなもんでしょう
至って普通??

上にある楕円形の箱はエアークリーナーBOXです
見慣れないと、奇抜に見えますね
この車両は、ベルト駆動故に
押し引きの際に重くならないよう
後輪のみをフリーにする機構が付いています

ドグクラッチと呼ぶらしい

因みに、ヒラノポップは付いていませんので
押し引きはちょっとだけ
重い!!
・・・・
でも、クラッチアームの丸軸が磨り減って
残りが有りませんけど・・・・

回転面に接触して、磨り減ったみたい
難題が一杯!!
多分
上のドグクラッチを断続する
クラッチレバーです
■合ってる??■

何となく、ハンターカブ(MD90も)のパーキングブレーキの
仕組みに似ていますね

此処には本来、フロントブレーキが付く位置ですが
このバイクは、ヒラノポップと同じく
フロントブレーキなど有りません

走行中に
ブレーキレバーだと思って握ったら
いきなり、後輪がフリーとなり
パニックになる事、間違い無い!!

多分(^_^;)
チェーンですが、錆錆・コチコチの為
押し引きが出来無かったようで
前オーナーの手によって
解体されております
リヤホイール側スプロケットも見当たりません!!
さらに、ブレーキシューも無いようです
大丈夫かなぁー・・・

此処には
本来チェーンケースも有るのだが
ヒラノポップも含めて
何故か皆、欠品が多い!!

大きさが全く合わないので、代用が効きません
どなたか、お持ちの方居ます??
像の鼻のような、シュラウドに有ります
形式認定プレート
エンジン前に有ります
オイル注入口とレベルゲージのようです

その下には、何故かコックが??
当初、ドレーン用のコックか??
・・と、思ったのですが、違うようです

オイル、入れすぎた際の排出コックかな??
キックアームギヤですね

只今
このエンジン、クランクは廻るようですが
何故か、キックしても、ギヤが空回り!!

その為か、キックしても、クランク廻らず、空振り!!

どうも、スターターギヤの機構がおかしい様子
キックしても、クランクが廻らず
どこに原因が??

只今不明
後方サイドには、バッテリー搭載スペースが
有りますけど、腐ってますねぇー

バッテリー固定バンド(アーム状の帯板)も
無いですね
かなり、傾斜しているシリンダーのようです

キャブレターが見えます

これも固着しているようで
キャブのピストンも全く動く気配・・無し!!

先が思い(重い)いやられます!!
オイルレベルケージですが
しっかり、ピジョンマークが有ります

良い雰囲気です

エンジンが掛かれば・・・・の話

とりあえず、ポイントがどこに有るのか??

探しましたら、前後プーリーの間に有りましたが、
先にプーリーを
外さないと、ポイントにアクセス出来ないという
メンテしずらい場所にあります

何とも、めんどくさい作り!!

とりあえず、スターター機構も見なきゃならないので
ごっそり、外します
・・・
このプーリー・・錆錆で・・使えるのか??
ベルトは既に、ご臨終の様子

プーリーを外しますと
エンジン側クランクシャフトにクラッチユニット
が見えて来ます

コイツを外しますと
不具合のある、スターター機構が
現れますが、果たして原因は何だ??
クラッチユニットを外して
ようやく、ポイントユニットが拝めました!!

写真では、板バネで押さえてる
丸い筒のユニットにポイントが格納されています
とりあえず、クラッチユニット裏にある
スターター機構の不具合検証

キックしても、ギヤが空回りするのは
単に、グリースの固着が原因のようです
キックの際、遠心力で
4個のボールがシャフト側ギヤの窪みに
入り込んで、クランクをロックさせる仕組みのようですが
グリースの固着により
ボールの動きが、阻害されていた模様!!
クランク側シャフトに有りますギヤですが
キックの際
この窪みに、ボールが入って
ロックされてクランクを廻すようです

エンジンが掛かりましたら、やはり
遠心力で上のクラッチ
ユニットに有ります4個の窪みに
ボールが戻り、クランク軸と縁が切れる仕組みですね

単純な私の頭と同じで(^-^;
仕組みが単純なので
原因も単純で良かった・良かった!!>^_^<
キックギヤの不具合の原因も判明したので
ポイントの様子を見てみます

接点がかなり荒れてます

只今の所、使うしか有りませんが
使えるの??

ポイントユニット下に大きめのボルトが
チラッと見えますが、コレが
オイル排出ドレーンボルトです

凄く手が入りにくい位置に有ります
メンテナンスの事など、全く考慮していません┐( -"-)┌
次いで、後輪側駆動シャフトに
セットされています、スピードメーターギヤユニット
とケーブルです

真っ黒で良く判りません??けど
動作はしている様子
さらに、ヘッドカバーを開けて見ました
しっかり、OHV してます

すっごーく・・・・真っ黒
・・・・
余り良い状態とは、言えない??

このエンジン、最後に動いたのは、何時だ??
やはり真っ黒のヘッドカバー裏

エンジン内部が心配??
・・・・・

とりあえず、ヘッド各部に、オイルをたっぷり
振りかけておきまして
再び、蓋をしました
えー続きまして
錆錆のプーリーが気になりましたので
ちょっと分解

変速の際のウェイトローラーなるものが
ばらばらです

さらに、このローラーの接触面の円盤に
穴が開いてますが・・・・
・・・・
うーん・・・どうしましょう

とりあえず後回しで、退散!!
仕方なく、違う事で気を紛らわす??

ごちゃごちゃな、ハーネス集合端子です

マニュアル等など一切有りませんので
何が、どうなってるのか??
さっぱり・・・
とりあえず、全部結線を外して
綺麗さっぱり

ヒューズは糸ヒューズのようですね
・・・・
電装ラインに関しては、全て
やり直しの予定ですが未定!!
気分を変えて、キャブレターを見ます

ピストンが固着してるので
外そうとしますが・・・
がっちり、嵌ってます

ピストンも外れません

んー・・・強敵

仕方なく、CRC556を振りかけて
放置
プラグに火が飛びませんので
コイルを見てみる事に・・・

ローターを外します

ずっしりと重い!!
ようやく見えてきた、コイル

死んでる様子!!
点火コイル+充電コイル+灯火用コイル
で構成されているようです
点火コイルですが
導通すら有りません

ご臨終ですね


これは
どうしましょう??
巻き直しか他流用を考えねばなりません
どうしたら良い??

そして僕は途方に暮れる♪♪
ポイントユニットを外してみました

とりあえず接点を見てみます

どうも、接点端子がやばい状態

作業性の悪さから、プーリーをセットした状態で
ドライバーか何かで突いたようで
ポイントアームもねじれてますが・・・汗!!

差し当たり、何か、代用品を探さなきゃ!!
・・って有るのか??


・・・と
こんな状態でエンジンを見て来ましたが
動くの??・・・・状態

私的には
1.エンジン
2.車体
3.ボデイ

再生順番なので(特に決まりは無いけど・・)
1のエンジンから、手を入れて行きますが
差し当たり、プラグに火が飛ばないことには
何も始まりませんので
まずは
コイル廻りの電装が大きな課題だなぁ・・・・(^。^)y-。oO

エンジン内部の様子も気になるが・・・・


次回予定は 目覚めよ!!エンジン!! です・・・
果たして、目覚めるかしら??
もしも、目覚めたら、動画も一緒に公開予定です

期待・・薄い??








直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー