2008-5月連載

シルバーピジョン C83DX お馬鹿な再生・最後の?奮闘記録!!


*pigeon 4■目覚めよ!!エンジン!!■悪戦苦闘の成果??
■動画有り■
■ボビーデラックスC83■

■前回、エンジン見たけど、果たして掛かるの??■

前回、エンジンを見てきましたが
早速始動の準備に掛かりましょう!!

エンジン音を聞くために、買ったようなものですから??
嘘です
・・・
乗る為です!!

しかしながら
そう簡単には行かんだろうなぁー(^o^)(o^ )(^ )( )( ^)( ^o)(^o^)

とりあえず、コイル周りと、キャブ&ポイントから
手を付けます

果たして、このエンジン、目覚めるか??
・・・・・
下の方に動画がありますので、ポチッ・・とな(#^_^#)

取り外した
現状のポイントです

接点が駄目です
・・・で、ポイントは
お試しで、こんな物を用意

見た目で、何となく合いそうでしたので・・・
因みに、古いハーレー用と思われますが
新品です

果たして取り付くのか??
差し当たり、見比べてみます

何か??・・・今回用意したのは
ちょっとアームが長いような・・・(;-_-R;)

これも、現物を見たわけではなく、写真のみ
なので、現物が届くまでは、安心できず!!
・・
取り付くのかは、全くもって、博打です!!
無謀??
とりあえず、使わない訳に行かず
強行突破で??
無理に??

付けちゃいます!!
何となく、出来た!!

写真だけですと、加工の苦労が伝わりませんけど・・・

あちこち当たるので、あっちカット、こっちカット
の有様!!

さらに、カム山と接触するスリッパの位置が遠いので
スリッパ固定のリベットを飛ばして
反対向きに付けました!!

アーム支点とスリッパの位置関係が近くて
(スリッパの負担大)
余り良い状態とは言えないので
只今仮仕様とします
・・・・
・・
仮仕様ですが
ようやく形になり、ポイント完成

本チャン仕様の公開は、いずれ・・・汗!!
・・・・
因みに、このピジョンのポイントカム山は
ヘッド側バルブのカムシャフトも兼ねていて
クランクシャフト2回転で、1回転します
お次は、キャブレターです

固着していたピストンを、難儀しながら
ようやく、解体成功

しかし、ピストンのめっきが剥がれていて
真鍮の地肌が見えてますが・・・

当然このままでは、ピストンが引っかかって
スムーズに、上下しません

どうすっかなぁー(-!-;)y-___
キャブのお掃除&フロートのチェック

まずまずのようですね♪♪

手入れして、使います
綺麗になったキャブレター

めっきの剥がれたピストンは
ワコーズの金属磨き材で(品名忘れた)
鏡面磨き!!

何とか、再めっきせずとも
強引に使います

耐久性に問題有るかな??
さらに続いて、死亡してます
点火コイルですが・・・
コイツは使用不可能です

巻き直しか、他車用を代用か??
とりあえず、他車代用の線で進めましょう!!
楽ですから・・・合えばの話・・・汗!!

某オークションで
合うと思われる、ランブレッタのコイルをゲット!!

当然、ポイントも一緒に付いてます
使いませんが・・・

本田のC200とかヒラノポップとは違い
このピジョンC83は、クランク軸が後方回転です

ランブレッタのこのコイルも後方回転仕様です
(車体左に付ければ)
・・・
ランブレッタは右側取り付け・ピジョンは左側取り付けで
単に向きが違うだけですが・・

細かい事は、ともかく、取り付くか??(;¬_¬)
今回も、写真を見ただけで
ゲットしたのたが
一抹の不安が・・・(;¬_¬)

コイルベースは、ピッタリ!!
使えます!!

ホッ♪♯
しかし、ローターが・・・( ̄□ ̄;)!!

クランクシャフトのテーパー径が合いません!!

やっぱり(*0*;)☆
・・・
ランブレッタの方が、シャフト径が大きいようで
我がC83に嵌めると、ガタガタ!!

うーむ・・・困った!!
中々、思い通りに行かないのね!!

そもそも
見た目だけで、注文したのが、イカンかったか?遺憾だ!!
ここでも、ポイントと同じく
無理に使おうと色々思案&格闘しますが
無理!!

強引に
テーパーに合うよう
カラーまで作って見ますが
やっぱり使用は無理(・_・)ノ■

無理に使うと、クランクを痛める恐れも有り
此処は、大人しく??・・・撤収じゃー!!
・・・・・
・・・
此処で、旋盤が有ればなぁー・・・欲しい!!
設備不足なのは仕方なし!!

色々と悩んだ挙句
このコイルは、自家巻き直しすることに
決定!!

他車代用するにも、データー不足で
無駄な投資が増えそうなので・・・

業者に頼むって言う手も有るが
何よりも、お金が掛かる!!

聞くところによると、1コイル\20,000位らしい
(実際は幾ら掛かるのかは不明ですが・・・・)
・・・
と、言うことは
我がC83は、発電コイル+充電コイル+点火コイルなので
\60.000も・・・・掛かるの??
・・
それだけで、車両価格をはるかに超えてしまいますが・・・!!

そりゃ・・・無理!!・・・ってもんだ!!
・・・・
これで、自家巻きが成功すれば
私も、コレで商売出来る??


どの道、このコイル自体が使えませんので
駄目元で、トライです
・・・・
レストアとは
あくまでも
自分でいじる事に意味が有ると思うので・・・・{{{{(+_+)}}}}
ようやく
方針が決まりましたので
速攻で
解体
エンジン始動させるだけですから
発電コイルと、充電コイルは
後回し
・・・
先に、点火コイルから作業

この分解も中々、大変??
・・・
一次コイル+二次コイルが
共巻きになっているようです
一応、巻き数だとか
巻き方向だとか
メモり、ながら解体

ノウハウ蓄積??
全ての、古コイル撤去

鉄芯のみに成りました!!
点火コイルには、0.6mmのPEW銅線を用意
UEW銅線でもOKです

コレだけあれば、当分十分??
・・・・
鉄芯に、同じ巻き数の場合
線径が電流を決め
巻き数が電圧を決めます
・・・・
今回の線径0.6mmをチョイスしたのは
単に
これのノーマルが0.6mmだから・・・汗
答えになってない??
0.6mmなのは

ダックス用の点火コイルを真似てます
要はパクリ・・・かな??

実際には、ローターの磁力とか
磁石の配列数とかも
関係あるのたが
そんな、難しい事を考えても
お馬鹿な私には判りませんので
トライ&エラー有るのみ!!
巻き数は適当・・・・で、よい訳は
無いのですが
極端に多かったり、少なかったり
しなければ大丈夫のようです

今回、このノウハウを得るのに
3回も巻き直しましたけど・・・・
・・・
このピジョンのコイルが11mでしたから
今回は、全長11mにカットして
コレを巻き切るようにしました

ポイント式の場合
抵抗値にして、およそ
3Ω以上8Ω位有ればokのようです
これらの作業は既に
ヤマグチの作業でコイル巻きに
何度も??トライしていることも有り
サクサクっと・・・汗掻きながら!!

点火コイル(一次側コイル)完成

さすがに二次側コイルまでは巻けません!!
線径が極端に細い(0.05mm位??)上に
巻き数が半端じゃないので
此処は、ダックスのイグニッションコイルを
流用します

只今、テストですので
高周波ワニスでの固定はまだです

決定したら、塗り固めますが・・・
エンジンの始動だけですので
発電コイルは、只今必要無し

点火コイルのみで終わりにして
セットしてみましょう!!
セット完了

果たして、発電するのか??
・・・
因みに、コレが一次側コイルと成ります
ピークホールド機能の無いテスターですので
写真に収めても
何故か、ドンピシャリには撮れませんが
約5v前後の発電ですね

コレだけでは
当然ながら
プラグから
スパークはしませんよ!!
点火系統のみ
簡単な、実体配線図を描いて見ます
こんな感じになるように
結線します
一次側コイルで発電された
わずか5vの電圧は
二次側コイル(青いイグニッションコイル・ダックス用)にて
相互誘導作用により巻き数比によって
高圧に変圧されます

実際の流れは
・・・
ポイントが閉じている状態から・・

一次コイル発電

ポイント、アースへと流れます

その状態からポイントを開くと
大きな逆起電力が一次コイルに発生します
(自己誘導作用)
ここが、わずか5Vの発電でも
大きな、電圧を得るポイントですね
良く考えたもんだ!!

それと同時に二次コイルにも巻数比分の
起電力が相互誘導作用で発生

それによって
スパークプラグに
高電圧がかかって火花が飛ぶ

と、言う事のようです

私には、てんで判りませんが・・(;-_-R;)


以上
くぼっちの館 様のホームページより抜粋m(__)m
作業は深夜まで及んで・・・・
真夏のこわぁ〜ぃお話・・・稲川淳二編・・・嘘です!!


動画です・・・ポチッとな!!
良く見えない思うので、昼間の決闘??

さらに動画です・・・ポチッとな!!


中々良いエンジンです!!
この状態ではハーレー
真っ青です
下は、推定500rpm位でも、止まらずに回ります
とても125ccとは思えないエンジンですね!!

止まっても、フライホイールの慣性力で再び廻っちゃいます!!
驚きですねぇー!!

クランクが重いというより、ローターが重いようですが・・・

この音を聞いたら、楽しみが半分終わった??
すぐに、乗りたいと思わないのは、既に年のせいか??

このエンジン、何十年ぶりに動いたのだろう??
始動直後は
エキパイから、火山爆発の如き
燃えたカーボンが火山弾並に
大量に噴出!!

危うく
床が焼けて、火事になる所だった!!
コレだけ大量にカーボンが出ると、最低ヘッドは開けて
見ませんと心配
・・・・・
さらには、振動で、大量の錆がガサゴソと車体周りから
落ちて来ます・・・・んー・・・何とも・凄い!!

今日の所は、満足な一日で、ビールが旨い!!


次回予定は
点火コイルを巻いたなら
ついでに
発電コイルも巻きましょう!!・・・
です

果たして、発電するんかいな??
その後は・・・・・??








直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー