2008-5月連載

シルバーピジョン C83DX お馬鹿な再生・最後の?奮闘記録!!

■ボビーデラックスC83■

*pigeon 9■車体の分解&組み立てに突入!!■
■果たして何事も無くスムーズに進むのか??■


前回ようやく、納得できるエンジンが出来ました!!

今回は、車体ですが
コレは楽勝だぁー??と思いきや
大きな落とし穴が・・・

例によって今回も、画像が多いです・・・笑)
プロの手による塗装だと思うが
いざ分解してみると
素人丸出し!!

本来塗装すべきじゃない箇所も
塗装してしまってます

マスキングを怠ったようで
ピボットシャフト内部まで塗装しちゃてます!!
(▼▼)
スイングアームですが
塗装が気に食わないので
再塗装です
リヤサスペンションが取り付く
シャフトもご覧の有様
このシャフトはグリースニップルが
付いていて、グリース通路穴が
本来写真のように開いてなきゃなりません

コレが、塗装で全て塞がってました
かなり、いい加減な!!(▼▼)

リヤサスペンションは、分解せず
塗装した模様

コレも可能な限り分解

再塗装
貴重なマフラーは耐熱塗料でお化粧します
リヤホイールの分解に行きます

しかし、アクスルシャフトの
固定ボルトが多すぎ!!


何で、こんなに多いのか??
後の作業でネジのかじりに苦労することになりますが
この時点で判るはずもなく・・・・
全てばらしたリヤホイール

リヤ側はチューブレスのようで
あわせリムの間に
円形の板ゴムが有りました

しかしながら、チューブタイヤなので
何の意味も無いような・・(;-_-R;)

イマイチ信頼性に欠けるので
今回は、チューブ仕様で行きます
パンクが怖いけど・・・
お次は、フロント廻りのバラシに掛かります

写真は、セレンとアポロ製ウィンカーリレーです
・・・
これも
信頼性に欠けるので
今回は、いずれも再使用の予定無し

・・・というより
12V電装に変更予定ですので
使えません!!
続いてエンジン下に有りました
電装集合端子です

どの線が何だかさっぱり判りません
・・・・
いずれにしても、電装は
配線変更引きなおしの予定なので
全て、ばらしてしまいましょう

なお、此処には、現代では使われていない
板ヒューズが使われているようですね
フロントのシャフトから分解
20数年前にレストアしたと言ってますが
何故にボールは
こんな状態なのか判りませんデス

程度悪すぎ

ボールは新規に入れ替えましょう

ボールレースには、大きな傷・打痕が
有りませんでしたので
再使用は可能のようです
どんどんばらして・・・・
フロント廻りの分離完了

汚れは有りますが、こんな物ですかねぇー
フロントフェンダー裏側です

さすが一度も走行していない様子で
汚れも有りません

勿体無いですが、表面が錆錆です

穴が開く前に、先手を打って
再塗装ですね
片側にダンパーが装着されていますね
果たして機能するのかは不明ですが・・
フロント側もアクスルシャフトの
固定ボルトが多すぎ!!


何でこんなに、ナットが多いのでアルカ!!
ホイールを外して
リンク部の分解に突入でアルヨ!!
此処でも
本来塗装すべきじゃない箇所を
塗装してしまってます

マスキングを怠ったようで
グリースと塗装が、ごちゃ混ぜですが・・・
\(`0´)/

塗装は上手だが
プロの塗装とは、とても思えませぬでアルヨ!!
そして、驚くべき光景を見ることに
なったでアルヨ!!
何と!!・・・・・
リンクアームが
溶接されているでは無いか!!


ヤマグチのフロントステムと同じ状況
再来です
反対側はご丁寧にナットを軸受代わりに
使って
溶接されています

溶接しなきゃならない程
大きな、事故でも有ったのか??


本来上写真のリンクアームのボルトを外せば
このアームは外れるはずなのだが
コレでは、分解できないでは無いか!!


さらに悪いことに、ナットを軸受として使ってるので
シャフトが、ネジ切部分で削られて
走れば走る程ガタが出てきます仕組み

何とも、具合の悪い修理をしたものですねぇー
溜息デマス
取り敢えず
もう片側は全て外れるので
外してしまいます

此処でも具合の悪い部品発見!!

ダンパーのロッド(シャフト)が曲がってます!!

伸びたら、引っかかって縮みません
縮んだら、やはり引っかかって、伸びません!!

んー・・・・ダンパーとしての機能は
完全に無いでアリマス
只のお飾りと化していますでアルヨ!!

この車両・事故ったのでアルカ??
おかげで私までおかしくなったでアルガ!!
フロントフォーク内部には
サスペンションのスプリングが
納まっています

しかし、何故かグリースに
砂が大量に混じってます・・・

おむすび型のカバーにパッキンが付いてなかったので
此処から砂が進入したものと思われますね
グリースと共に砂がザックザック

宝がザックザックなら判るが
砂ではねぇー
("э")

せめて砂金なら・・・(^-^;
・・・
しかし
レストア後走ってないのに何で
こんなに砂が・・・・
おそらく、塗装したのみで、手付かずか??

或いは手抜き??

やはり、何事もばらさないと
判らんもんですねぇー(;-_-R;)
溶接しちゃってる為に外れない
側ですが、此方も砂が大量です

この部分は可動部なので
コレでは、何ひとつ良い事は有りませんデス

タバコと同じで
百害有って一利無し!!デス

そうは言う私は、タバコを吸いますが・・汗!!

おむすび型のカバーは本来
下側のようにピボット軸受けがあるのだが
溶接させている側は、ナット軸受けを
使ってるので邪魔と見て
切り落として有りますよ!!

さらには、ご丁寧に、鉄板をおむすび型にカットして
張り合わせて有りました

こんな手間を掛けて
ご苦労なこった・・・
・・・・・
しかし、こんな状態では
直す方としては
困りますがな〜!!
\(`o'")
仕方なく、一号車の車体を移植すべく
分解して見ます

此方は、錆が多いものの
一度も開けていないようで
パッキンも付いていました

しかも内部には、砂金??が一切無くて
非常に良いコンディション!!
(o・。・o)
勿体無いが
此処は、一号車のフロントフォークを
移植して
使うことに決定!!

しかし、部品取りの一号車が有って
助かったぁ〜
\(^O^)/

準備が良い??・・・全くの偶然だが・・・

見事な偏芯(変身)ぷりっ!!
しかし、此処でも問題発生!!

一号車&三号車共に
ピボット軸穴が、ガタガタです

構造上、丸穴が長穴に磨り減る構造のようで
この対策どうしますかねぇー
おむすびカバー側だけでは無く
本体側のピボット軸穴も同じです

いずれも、ピボットメタルは
プレスによる圧入のようで
おいそれとは外れません

旋盤かプレスが有れば外せるのだが

そんな道具は有りません
仕方無く、無い頭をポリポリ

フォーク側ピボットメタルは
鉄のこで2箇所にスリット加工
そして、プラハンで一撃!!

外れました!!

( ^_^)/▼☆▼\(^_^ )
ようやく外れた、フォーク側
ピボットメタル

真鍮製のようで、減りが早そうですねぇ〜

この部品ですが、既にぴったりの代替品を
見つけて有りますので
分解しましたが
部品が無ければ、当然分解はしません!!
おむすび型のカバーのピボットメタルは
地道にドリルカッターで
グリグリ・・・・と・・削り落とします
大いに、疲れた!!


旋盤欲しいぞー・・ (`ヘ´)
今回用意したピボットメタルは
オイルレスブッシュを採用
普通に市販されている工業用品です
こういった部品もネット注文できるなんて
すばらしい世の中ですね
・・・・
しかし、矛盾するが
税金・保険料・物価は高いし
生活はちっとも、楽にならんし
住みにくい世の中です・・・汗!!

黒い斑点は、オイルレスの機能を持たせる
カーボンと思われます


うまく出来てるんですねぇー
リンクアームに嵌めてみたところです

流石!!
新品だけ有り、ガタは有りません
動きもスムーズな予感!!

・・・・・
■ピボットメタル仕様(オイルレスブッシュ)■

外径D(Φmm): 30
全長L(mm): 10
内径d(Φmm): 20



外径D(Φmm): 20
全長L(mm): 15
内径d(Φmm): 16
早速、はめ込みます

嵌めるのは、削ったりするのと違い
凄く簡単です
フォークは予めプライマーを吹いて有ります

今回は
サイズがぴったりで良かったぁー〜(m~ー~)m
まるで、新車のようです??

当然内部は、マスキングして
塗装はしてません
既に、塗装完了してますが
リンクアームとの接合面は
ホンダC200で用意していた
使ってないフェルトパッキンを使います
フォーク内部にスプリングを嵌めて
いざ・・・合体!!
知恵の輪の如き仕組みで
中々、嵌らず、結構面倒!!

グリース充填は程々の量で・・・・
オイルレスブッシュですから??

・・・・
しかし、構造からして
このブッシュが持つ耐久性は恐らく
10、000km位では無いかと思います

消耗品ですね
此処までの作業でようやく
フォーク廻り完成

この作業は結構悩んだので
以外に、長かったような・・・・

・・・・
右の写真で黒色は
アンダーコート塗装です
シャフトが曲がって
動きの悪いダンパーは
同じく一号機のを移植・分解整備・再塗装で
再使用しました
面倒なフォーク廻りが終わって
ホッと一息

後は、塗装です
フロントフェンダーも
穴が開く前に塗装することにします

取り敢えず、サンポールに浸した
キッチンペーパーで
錆取り合戦??
ホイールも錆取り&塗装
当然、ハブも・・・・塗装
塗装・・・塗装のオンパレード
タンクも内部を錆取りの上で
塗装準備

プライマー塗装
あっさり本塗装終了(ウレタン塗料)

パッキン類は新たに製作
ここで、船にセット!!

ようやく、スクーターらしい姿に!!
錆錆のチェーンケースですが
欠品よりましなので
コイツも、根性入れて
塗装!!
・・・・で、セット
ホイールハブには、ベアリング
新規入れ替え!!

今回は、接触型シールドベアリングを入れて見ます
ユニクロメッキがあがって参りました

下地処理をある程度施してから
出してるので、ピッカピッカの一年生!!
続いて、リヤスイングアームのセット

ピボットシャフトには、Oリングが付くので
コイツを忘れずに!!
Oリングを忘れますと
水がシャフト内部に
進入しますよ!!
どんどん続いて
フロントアクセルグリップの分解整備

アクセルワイヤーは例によって
自転車の変速ワイヤーを利用

1950mm位の長さじゃないと足りません!!
何となく形になったが
フロントフェンダーの色が市販品で
最も近い色を選択したのだが

塗って見ると同じ色にはなりません!!(^-^;

ある程度予測はしてましたが
個人的に気に食わないぞ!!
仕方なく、スプレー缶で出来る
アクリル塗装の調色依頼に出します

注文最低本数が12本(1ダース)単位なんで
1本しか使わず、余ってしまったぁ〜!!
因みに1本420mlです

長期保存が利きませんので
誰か余りを買ってくださいませんかねぇー

この塗装後ウレタンクリアーを吹きます
微妙な色違いも有り
スプレーガンと違って粒子も粗いので
違和感が有るが
スプレー缶の塗装では
コレが限界??


スプレーガンは持ってるのだが
カップ計量&後始末が面倒です
フロントグリルのメッシュですが
3号車には付いていません

一号車は写真左が付いていましたが
ちょっと細めの
アルミエキスパンドメタルをカットして
使用します

中々カッコ良いぞ!!
("э")
さらに続いて
錆の発生しているホーンです

分解&錆取り&塗装とします

ピジョンマークが付いている事を除けば
ヒラノポップと同じメーカーのようですね
後ろ船のサイドモールを取り付けます

このパーツは状態は余りよく有りませんが
再メッキされているようです

こんなパーツは探しても、そう有る部品では
無いので、大事に使いましょう!!
どんどん続きまして
ウインカー本体に手をつけます

この部品も錆が酷かったのだが
サンポール漬けで、錆取り

ユニクロメッキに出すの忘れたので
ジンク塗料塗装とします

ウインカーベースは
本来ゴムなのだが
ガム状になってて再使用不可

色々考えた挙句
ウレタンスポンジをカットして代用

耐久性に難があるが
簡単に出来る手法で・・・・(^_^;)

コーキングでも作ってみたけど
イマイチ出来が良くなかったのが
本当かも??(型を作るのが面倒)
リヤテールランプは3号車は欠品!!

こんな独特なテールレンズは有りませんから
レンズに割れが有るものの
1号車より移植

ストップランプを追加するので
ソケットごと大改造??
決まったテール廻り!!

リヤヒップはカーブが多くて
ウインカー&テールのベースの
ウレタンスポンジの加工は以外に手間取った!!

その甲斐有ってか??・・・人面になってます
愛嬌たっぷりって感じです!!
船内部のシュラウド横に付く
インテークのゴムラバー取付
フロントフォーク内部の様子

只でさえブレーキの効きが悪いのに
全く用を成していない
純正のブレーキワイヤー

元々、密に巻いたスプリングの中に、ワイヤーが
通っているだけの構造なので
すぐに錆びて動きが渋くなるようです


此処では、使えそうなパーツのみ剥ぎ取ります
市販品のブレーキワイヤーを
加工して使います


ジュノオの時に買った余り物
加工した上でロッドで連結

ストップランプスイッチはダックス用のものを
このロッド部分に付けることにします
ストップランプスイッチは
こんな感じでセット


元々の穴を利用しただけですので
取り付けは以外にラクチンでした

何とか車体も出来上がりました

不満も有るが、突き詰めるとキリが有りませんので
納得と妥協の分かれ目で止めましょう!!

そして
次回は

・・・・
駆動系編 です

完成まで、もうチョット??






直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー