2008-5月連載

シルバーピジョン C83DX お馬鹿な再生・最後の?奮闘記録!!

■ボビーデラックスC83■

*pigeon10■やっと駆動系イジリに突入!!■
■何事も起きなきゃ良いけど??■

このページ掲載時点では、既に完成してて
なおかつ不具合箇所もやっつけてしまった故
乗るのが楽しくって??
ページ更新するにも中々、モチベーションがあがらず
間が空いてしまったぁ〜(^_^;)
やはり、こういうページは、作業と同時進行で
掲載するのが正しい??
済みません・・・・m(。-_-。)m・・ペコリ
・・・・・
前回までの作業でようやく車体が完成!!
少しはスクーターらしい形になりました!!

で、今回は、駆動系統の作業です
もう少しで完成か??
・・・
今回、何事も起きなきゃ良いけど・・・((+_+))
・・・

今回は、最後の方で動画が有りますので
ご期待??
ピジョンオーナーズハンドブックによりますと
後方側ドライブシャフトに付いている
プーリーを大調車

対してエンジン側クランクに付いている
プーリーを小調車
と呼ぶらしい


・・で、後方の大調車を分解した様子
同じベルト駆動でも
ヒラノポップに比べて
非常に部品点数が多い!!

スプリング(大調車発条と言うらしい)が3点
ウェイトボールが12個(17φ)
その他ウェイトボールを保持する円盤など・・・
このプーリーは1号車の物ですが
3号車も似たようなコンディション!!

錆が有るのは年代からして、仕方ない??

・・・
走行していない故、ベルト摺動面に
錆が発生しやすいですね
コレは、円盤の移動を支持する
調車カゴと呼ばれる部品です

作動レバーと言われる3つの板アームが
テコの原理で
スプリングを支持している構造です
しかし、複雑怪奇??
ウェイトボールが乗る円盤ですが
外周部分に遠心力でボール窪みが発生しています

距離を走ると、必然的に出る構造のようで
この円盤、板のプレス品のようですが
板厚が不足してるようですね( ̄□ ̄;)

こんなんで大丈夫なの??
窪みを拡大すると
こんな、按配!!

補修修理なんて出来ませんので
コレは、このまま
・・・・
しかし、変速の際ボールで転がる
音が発生して、五月蝿そう・・・な感じ!!


実際は判りませんが・・・
取り敢えずは、錆取り

クリーニング

リペイント


スプリング(大調車発条)は
ユニクロメッキ処理済です
・・・で、あっさり完成!!
しかし、見れば見るほど
変な構造!!

C-90とか他のピジョンのプーリーと比べますと
構造そのものは似ていますが
内部部品の互換性は
何となく、無い模様!!

流用するには
寸法確認が必要ですね
続きまして、エンジンクランクに付きます
小調車に参ります

此方は、大調車に比べて
程度が悪すぎで
参りました!!
( ̄□ ̄;)!!
・・・・
此方もヒラノポップに比べて構成部品が多い!!
小調車発条覆・・・外側カバー
小調車発条(スプリング)
小調車(外側)・・・遠心ローラー付
小調車(内側)

・・・・
などで構成されます

写真左は一号車
写真右は3号車
特に、1号車の小調車は全く使えません
写真左は一号車
写真右は3号車(リペイント済み)


幸いにも、3号車の部品が
非常に程度が良かったので
今回は、此方を使います
ホッd(^0^)b
ひっくり返しますと
ご覧の有様!!


この部品・正式名称は
小調車発条覆と呼ぶらしい
この小調車(外側)には
ウェイトローラー(遠心ローラー)が
付くのですが
手入れしませんと
遠心ローラーの摺動により
ご覧のように穴が開きます!!


対策なのか??判りませんが
1号車と3号車では
小調車発条覆の板厚が違いました!!
程度の良い3号車の方が
板厚が厚い!!
1.6mmと2.0mm位の違いが有ります!!


このように穴が開いてしまいますと
変速に支障が出そうですねぇー
修理には、溶接埋め&成形が必要ですね
同じくウエイトローラーが付く
相方の小調車(外側)部分を見てみますと
バネを掛ける軸穴の作りが
1号車と3号車で違います
コレは1号車の写真ですが
ウェイトローラー(遠心ローラー)は
チェーンで使うリンクジョイントでもって
保持しているようですね

その上で、非常に細いスプリングで
小調車発条覆にこのローラーを
押し付けているようですが
このスプリングが
折れて居て、遠心力にて
バッチンバッチンと
小調車発条覆が
叩かれた結果先の写真のように
穴が開いてしまったようです
・・・・
加えて、このローラーは鉄製のようで
小調車発条覆に掛かる負担も大きいようで
改良が必要なようですね
改良??するに当たって
まずは、純正のローラーの
ウェイトを計測

7.2gのようです
・・・・・
しかし
これを計る為に、わざわざ
秤を買った私はお馬鹿さん??
代用となる現代のスクーター用の
ウェイトローラーで
似たような重さをチョイス

しかし
軸穴の大きさとかローラー外形寸法が
中々同じものがありません

・・・・
探せば有りそうだが・・・
包装されていて正確に計測出来ず!!

無駄な事しているようだが
何種類か購入


軸穴の大きさとローラー外形寸法が
同じものが、この時点では
結局見つからず
オレンジのプラカバーのみ拝借!!

加工して元々のローラーへセット
コレで、少しは小調車発条覆に掛かる
負担を少しでも減らそう・・・と言う魂胆

少なくとも、鉄同士が擦れ合うより
オレンジのプラ部品と鉄で
プラ部品が負けて磨り減るように
作り変えです

実際、このようになるかは疑問だが??
後は、非常に細くて折れていた
スプリングも、市販品のスプリングを
加工取り付けとしました


やれやれな作業でやっと完成??
此処まで来てようやく
前後プーリーの完成??

只今Vベルトが無いので
探さなきゃ!!

とりあえず、ヒラノポップのベルトを
拝借予定かな??

・・・・
ヒラノポップはベルトの張り調整が出来るように
プーリー間シャフトの距離を調整できるようになっているので
ベルト巾さえ合ってれば長さに関してはそれ程神経質に
ならなくて良いのだが
このピジョン、ベルトの張り調整は出来ないようで
今後のベルトの選択に悩みそうです


出来るのはベルトの変速タイミングだけのようですね
大調車にある3本のビスにて
締め込み具合の調整で
変速のタイミングを変えるようです

掲載順序が変??だが
続きまして、クラッチ盤に参ります

この部品はヒラノポップには在りませんが
此方は至ってシンプルでした!!
若干の焼けが有るものの
大きなヘタリ&損傷は無いようです

スプリングが見えますが
この中にウェイトボールが内臓されていて
遠心力で、クラッチ盤を押し支持する構造ですね
此方はお掃除で
あっさりお仕舞いです

良かった・良かった ♪〜♪♪
最後に、固定ボルトの
ワイヤリングで完成
どんどん続いて
駆動系の最終作業です

ドライブユニットのベアリング&
シールの交換作業をするのだが
ご覧の通り
よろしく無い状況です
何故にこんなにヘドロになるのか
不思議!!

エンジンオイルの飛沫で潤滑しているのだが
明らかに、潤滑不足のようです
・・・・
ヘドロなのは、飛沫オイルとベアリンググリースが
混じった影響か??

何かしら改良の手を打たねば
パンパン!!
(^-^)//""
此処までの作業写真は割愛しますが
ベアリングは当初シールド型を採用していたのだが
オープン型に変更

・・で、クランクケースに開いている
エンジンオイルの飛沫用の穴を
塞ぐ事にします

まずは0.5mmのアルミ板でベースを作ります
コレに上下ガスケットにて
サンドイッチ

コレでエンジンオイルの飛沫とは分離させて
なおかつこのドライブユニット内の潤滑は
ギヤオイルにて潤滑するように
作り変えます
写真が暗いですが
シールを完全にしませんと
ギヤオイルが漏れます!!

本来の潤滑はエンジンオイルからの飛沫なので
此処までの気密性は必要なかったのでしょうが
今回は、別体ミッションの如くの構造なので
特に、スピードメーターギヤ廻りは入念に・・・

その後、やはりギヤオイルが漏れて
実際何度か、ばらしてます
( ̄□ ̄;)
何となく形になりました

黄色のキャップは、ギヤーオイル排出用の
ドレンボルト替わりのグリースニップルです

ボルトでも良かったのだが
スペースの関係でこうなっちゃいました!!

しかし、この後にチェーンカバーやら
ドグクラッチレバーやら付いて
隠れてしまうので
実際の交換が面倒ですねぇ〜( ̄□ ̄;)!!

・・・・・・
なお当方にはこのドライブケースが
3台分有り
いつでもノーマルに戻せるので
安心??して此処までの作業をした次第ですが・・・・(^_^;)
続いて、上部にはエアーブリーザー兼用の
ギヤオイル注入口を設けました

・・・
なお
これらの加工は、ケース単体の時に
先に加工しておきます


コレでドライブシャフトは
エンジンオイルでは無く
ギヤオイルによる潤滑方式の変更作業完了!!
・・・・
この当たりの作業は自己責任でネ
!!
・・・・
此処までの作業で
ようやく駆動系の作業
終わり

疲(_ _)(-.-)(~O~)
ガソリンコックですが
詰まりがあって機能していませんでしたので
分解&整備っと!!

コックのカップは3号車はプラスチック
のようなのだが、ひび割れてましたので
1号車に付いていた、アルミカップに付け替えます

・・・
部品が在って大助かりです
只今の所
プーリーベルトを用意できていませんので
急遽、ヒラノポップより
ベルトを一時的に拝借!!

ヒラノポップよ・・・ゴメン??
此処までの作業で
やっとの
試運転です

ヒラノポップのベルトでは
巾&長さが合いませんが
只今の所仕方なし!!

果たして、変速して
無事に走るのか??
・・・・
ワクワクと言うより不安の方が大きいけど・・・・

左画像をクリックしますと
動画に飛びますよ
見てね!!

2009-1-30追記
書くのを忘れましたが
エアークリーナー廻りに着手します

何時までも無いわけには行きませんから・・・・

まずは
シュラウドを取り付け
・・・・・
このエアークリーナーですが
通常のバイクと違い、外気を吸ってキャブレターに
エアーが流れるようにはなっていないようですね

冷却用ファンで吸入された空気はシュラウド内部を通り
エンジンを冷却して暖かくなった空気は
シュラウドの出口にあるエアークリーナー(フィルター)を通り
キャブレターに流れていくようです
・・・・
冷却用ファンで吸入・加圧されるので
ある意味では、スーパーチャージャー??か・・・
さすがに三菱は
飛行機を作っていただけの事は有り
先進的??

C110とか他のOHVエンジンは皆こういう仕組みのようです
・・・で、エアークリーナーのフィルターですが
当時物のまま使うには
汚れているので
チョット・・・嫌!!

・・・と、言うことで代用品を探します
・・・
当初は車用のものが使えるかと思ったのだが
でか過ぎて全く合いません

キャブにパワーフィルターを直付でも
良いが、オリジナリティを損なうので
当方は、見た目重視??

エアークリーナーBOXの内径を計った上で
合いそうなバイク用のフィルターをチョイス

・・・
今回はほぼぴったりの品が見つかって
良かったぁ〜

当然そのまま
ポン!!付けは無理!!

フィルターの背面に穴を開けます
そこへ、シール用のゴムラバーを接着

さらに、蓋を閉めた際に、クリーナー本体が
エアー入り口(吸入口)と密着するよう
乾電池用のスプリングを追加


お馬鹿さんの割には
グットアイデア??(;゜〇゜)
エアークリナーBOXとの連結は
元々はバンド固定だけで
パッキン類は無かったのだが
エアークリナーが付いてる意味がないほど
隙間だらけ!!

仕方なく
キャブとの連結部分には
水道用のジョイントパッキン(二トリルゴム)にて
接合の上、バンド固定
・・で
完成して、上から見た図
続いて
このボビーに付いていた
チョークワイヤーは何か針金のようなワイヤーでしたが
曲がり癖が付いていて、引っ張れませんでしたので

チョークワイヤーは、自転車用の
変速ワイヤーで新たに作り変え

さらに、振動等で勝手にチョークを閉じて
しまう癖があるようで
対策として
戻りスプリングを追加
で、エアークリナー廻りの完成!!
( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) ♪



此処までの作業は苦労も有りましたが
珍しく??
大きな問題もなく作業できましたね

しかし、変速して走るものの
音が、何故か??にぎやかだぁ〜(@_@)/・・・
・・・というより、五月蝿い!!
・・・
この時点では、この音がにぎやかな原因が
プーリーに有るとにらんでいたのだが
船をたたんで
駆動力を掛けて走らないと
発生しないので、一人作業では原因が
つかめておりませんでしたが、ピジョン八王子集会の際に
原因判明

この原因の対策記事は以降の公開ページにて
掲載予定??
・・・・・・
さぁて、いよいよこのピジョンの作業も大詰めですなぁ??
そして
次回は

・・・・
電装系編 です

完成まで、もうチョットか??






直線上に配置
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー